スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらインターネット時代を考える






 われながら、いまさら、という感じの雑感である。

 若い学生たちが、どのように勉強するかを見ていると、やはりまずウィキペディアを引いてみるらしい。
 別に若い人たちを非難しているわけではなく、永らく百科事典派だった私でさえ、そのウィキペディアを四六時中引いている有り様である。
 なにもウィキペディアだけではない。先日聞いた話では、歴史研究で広く使われている基本史料の叢書「国史大系」も、図書館利用者向けの“ネットライブラリー”なるものが提供され始め(2011年から)、全66冊を全文横断検索できるのだという。

 検索。

 こう聞くと、ちょっと待てよ、と思うわけである(歳を取った証拠)。

 なんでも検索すりゃいいってものじゃない…

 と思ったりする。

 確かに、最近の若い人たちの研究のなかには、膨大な史料を統計的に分析したようなものも見受けられる。若い頃、書庫に籠って「カード」を取っていた身からすれば、時代も変わったなぁと思う。
 
 そんななかで、最近読んだのが、この本。


   和本3


 中野三敏著『和本のすすめ』(岩波新書、2011年)。

 いいですなぁ、と感じるのもまた歳を取った証しだろう。
 中野氏は江戸文学の碩学で、私の学生の頃から第一線で活躍しておられた。本書を読めば「和本」とは何ぞや、ということが、一目瞭然にわかる。


   和本1


 念のため、和本とはこんな本のことで、『和本のすすめ』によれば「古くは奈良朝から近くは十九世紀末辺りを境に、近代活版印刷の本にとって代られるまで、いわゆる手漉き和紙を用い、木版印刷の技法を以て出版された「板本」と、手書きのままの「写本」と、大まかには二通りの姿で営々と作られ続けた」ものである。
 ちなみに、橋口侯之介氏の定義では「有史以来、明治の初め頃までに日本で書かれたか、印刷された書物の総称」ということになる(『和本入門』平凡社ライブラリー、2011年)。
 『日本国語大辞典』のように「日本風に装丁した本。和紙を用い、和風に仕立てた本」云々とすると、それは和装本を指すことになる。

 中野氏の本の帯に「和本リテラシーの回復のために」と書かれているのは、今日、和本を読める人がごく少なくなっており、「近代主義的」ではない江戸(時代)理解のためには、あらゆるジャンルを網羅した原典である和本に接しなければならない、という意味である。

 つまり、「国史大系」はデジタル化されたけれど、百万冊以上あろうという(中野氏)江戸の和本は、デジタル化はおろか、およそ1%しか活字化されておらず、つまりは和本そのものを読めなければ時代の理解は不可能ということである。



スポンサーサイト

大阪城の紅葉も真っ盛り!





   大阪城1


 朝、近所の会社にお勤めのAさんが、当館から大阪城の紅葉を撮影に来られました。
 今日は天気もいいし、紅葉も真っ盛りで、撮影日和ですね。

 上の写真は、大阪歴史博物館10階から撮影したもの。大阪城の外堀と教育塔付近の紅葉です。イチョウの黄色、桜の赤茶色など、各色が混じって美しいです。


   大阪城2


 こちらは大阪城天守閣。紅葉に浮かび上がる雰囲気で。


   難波宮


 難波宮の史跡公園です。
 芝生があるので緑っぽいですね。


   大阪城3


 馬場町の交差点。歴博の真下。
 ここが一番きれいかも…

 やっぱり、秋は黄昏れますよねぇ。
 桜の季節とは打って変わって、人生の深みを感じさせるというか、来し方行く末を考えさせられるというか。


   女官


 ワタシたちもお待ちしていますので、一緒に歴史について考えてみませんか?

 大阪歴史博物館では、常設展示<都市おおさかの歩み>や、話題の特別展などを開催しています!



変わり兜展などポスター・チラシを発送しています!





 秋は、博物館にとっては展覧会の好適シーズンで、いわゆる書き入れ時でもあります。

 当館では、11月2日(土)から、特別展「戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具」を開催しますので、ここのところ、そのポスターやチラシの発送作業を行っています。

 金曜日も、朝からお昼まで、封筒の詰め込み作業をしました!


   ポスター発送


 今回のポスター・チラシは、黄色がベースなので、とても目立ちますね!!


 ところで、今週もいろいろあって、私は週の初めに、中国地方にある2つのミュージアムに行ってきました。
 来年、当館で受け入れる巡回展の実地視察です。これがなかなかユニークな企画で、伝統的な作品を現代的な切り口で見ていただける内容です。若い方にも、ぜひご覧いただきたい展覧会です。
 週末には、その関係者の方々と細かい打ち合わせも行いました。
 内容は、まだ秘密なのですが、ご期待いただければと思います。

 そして、こちらも週末、織田作之助の「夫婦善哉」新たな草稿発見というニュースをリリースしました。
 特別企画展「織田作之助と大大阪」を準備する調査のなかで、100周年事業推進委員会の皆さんが、ご遺族宅で発見されたのです。


   オダサク原稿


 織田作独特の、大きく構えた文字が記された生原稿です。発見の概要は、当館ホームページでお知らせしています。
 原稿類は、9月25日(水)から始まる展覧会で公開します!


 こんな感じで、今週も慌ただしく過ぎて行きました。

 土日月は、3連休の方も多いと思います。
 特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」も、9月16日(月・祝)が最終日。まだの方はお早めにお越しください。




博物館実習がはじまった





 今夏も、恒例の博物館実習が始まりました!


   P1050707_convert_20130820144157.jpg


 今週は、約20人の学生さんに5日間、博物館のさまざまな仕事を勉強してもらいます。
 その中心は、博物館資料の取り扱い。
 今日の午後は、美術の実習。
 掛軸の扱いや、和本の綴じの実習などを行います。


   P1050708_convert_20130820144247.jpg


 手前は、和本ですね。掛軸を構成する素材も、実物を見せてもらえます。
 和綴じの体験も含めて、なかなかおもしろそうですね!


   P1050709_convert_20130820144336.jpg


 私は昨日、博物館の広報の仕事について話をしました。
 ちょっと学生のみなさんには、なじみがなくて分かりにくかったかも知れませんね。

 ちなみに、主な科目を紹介すると…

 「取り扱いと展示実習」(美術・考古・歴史など、各ジャンルの資料を扱います)
 「遺跡の保存と活用」
 「文化財の分析と保存処理」
 「写真撮影の方法」
 「梱包と輸送の実際」

 学生さんは、みんなまじめに取り組んでくれます。
 将来の学芸員を育成する仕事として、重要な役割をもつ博物館実習です。



7月は長かった…






 今日で7月も終わり。
 今月、私はいろいろあって長かったです。

 ここにも書いたように、上旬は学芸員仲間を案内して、北摂・泉州へ“大阪旅行”。
 歴史の旅らしく、泉佐野市の日根野荘の史跡見学など、楽しい行程でした。

 翌週は、めったに宿泊することのない名古屋へ1泊旅行。 
 名古屋で感動したのは、コメダ珈琲店。
 噂では聞いていたけど、初めて入りました。


   コメダ珈琲店
   コメダ珈琲店のモーニングとシロノワール


 写真の左側のが“シロノワール”。白と黒みたいなネーミングですが、温かいデニッシュの中央にアイスクリームが載っているもの。
 変な味覚かと思いきや、これが案外イケる! ボリュームも、まあまああるのですが、3人なので完食しました!!

 中旬は、祇園祭を久々に。山鉾巡行だけでなく、神輿の渡御(還幸祭)も見られました。


   祇園祭還幸祭
   祇園祭還幸祭(7月24日夜)


 他館の展示では、これまた久しぶりに甲子園歴史館を訪ね、景浦将選手と歴代スラッガーの展示を拝見しました。
 景浦さんの資料は、以前特別展で展示させていただいたので、感慨深かったです。


   甲子園歴史館
   甲子園歴史館(阪神甲子園球場内)


 そして、某会議では最近に珍しく激怒し(注:博物館の会議に非ず)、また多くの仲間と楽しい歓談の時を持って、長い7月が終了しました。
 暑さには辟易し、体力的には限界でしたが、それなりに充実していたのかも。

 8月も、ますます暑そうですが、がんばって乗り切りましょう!



プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。