スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植田正治のこと






 先日、当館で開催している「変わり兜×刀装具」展が、NHK「日曜美術館」のアートシーンに取り上げられた。いちおう広報担当なので、オンエアをチェックした。念ため、番組の最後まで見ていたら、次回は植田正治を特集するという。

 植田正治。

 鳥取が生んだ世界的な写真家。
 鳥取砂丘を“スタジオ”にして、構成的な人物配置によって、誰にも造れない世界を創り出した写真家。
 その植田正治の特集。

 番組の中ほど、植田と土門拳との対比について触れた部分があった。
 土門拳の「絶対非演出の絶対スナップ」というテーゼと、写真界にひろがるリアリズムの風潮に、植田が心を痛めたというものである。
 評論家の飯沢耕太郎は、「『絶対非演出の絶対スナップ』を提唱することで、写真の表現領域の幅はかなり狭められたといえる。少なくとも山陰の鳥取砂丘を舞台にして、ユニークな群像写真を撮影していた植田正治のような作家にとっては、『非演出』という足かせは相当に重かったのではないかと想像される」と述べている(『戦後写真史ノート』)。

 ほぼ同世代の植田と土門は、ともに少年を被写体とした写真を数多く撮っている。土門の少年たちは自然体だが、植田の少年はみな“カメラ目線”だと指摘される。
 この点について、ゲスト出演した写真家の荒木経惟は、客観的なことがリアリズムなのではなく、写真家が撮られる者に働き掛けることで真実が浮かび上がるのだ、という趣旨のコメントをしていた。

 戦前の「少女四態」などを例にした飯沢耕太郎の発言を引こう。

 「これらの写真は単純な『リアル・フォト』ではない。現実をストレートに撮影するのではなく、植田は明らかに人物にポーズをつけ、画面のなかに配置している。しかし、完全に絵空事の演出写真かというとそうでもない。『少女四態』では四人の少女のポーズから、それぞれの個性が浮かびあがってくる。また『茶谷老人とその娘』では、二人の人物の間の空間に老人と娘の心理的距離が象徴的に表現されている。
 (中略)
 この時期に植田が見出そうとしていたのは、いわばリアリズムを超えた演出写真とでもいうべきものであった。つまり演出によって、人物たちの存在の原型ともいえる本質的な姿が浮かびあがってくるのである」(『日本写真史を歩く』)

 「リアリズムを超えた」リアルの追究。
 確かに、植田正治の写真にはそう思わせるところがある。

 なにか児戯のように滑稽なのだが、それを通り越した向うに不可視な何かが潜んでいる。それは、際限なく続く砂丘のように、私たちを誘っていく…

 最後に、なんで植田正治があのような写真を撮れた(撮った)のか、という問いについて、本人もよく分からなかった(「そげになってしまうんじゃ」みたいに言っていたらしい)という話が紹介されていた。本当に、狙った演出ではなくて、天性の演出だったらしい。

 懸案にしていた、鳥取の植田正治写真美術館に行く、という課題をいよいよ今回解決しようかと思ったら、12月1日から2月末まで「冬季休館」なのだという。

 植田正治への道は、まだ遠い。 



スポンサーサイト

71年前の猛暑






 暑いですね、が挨拶となって久しい今夏。

 今日(8月23日)、ついに大阪市の猛暑日(最高気温が35℃以上になる日)が連続17日となりました。これは新記録だそうです。

 これまでの記録は、昭和17年(1942)の連続16日でした。
 71年前のこの年は、太平洋戦争の真っ只中でした。6月のミッドウェー海戦で主要な艦船を失った日本は、戦局の転換点を迎えていました。
 この夏はとりわけ暑く、7月上旬から大阪でも30℃を超える日が現れ始めました。
 7月21日(火)、この日は猛暑日になりましたが、それから8月5日(水)までの16日間、35℃から37℃ほどにもなる猛暑日が続きました。
 翌6日は、久しぶりに雨が降り、猛暑日を免れました。翌日も雨で、高温の日々はひと息ついたのです。

 この年は戦前で最も暑い年で、名古屋市では最高気温が39.9℃を記録。京都市でのひと夏の猛暑日は36日に上るなど、厳しい夏でした。

 『昭和・平成家庭史年表』(河出書房新社)には、同年7月31日の項に、こんな記述を載せています。

 京都製氷組合と飲食店組合が、贅沢(ぜいたく)な氷の消費はやめることを決議。うどん屋・料理店・喫茶店・カフェーなどでの氷使用の廃止。かき氷を始め、コールコーヒー・冷しうどんにかち割りを入れるのも御法度。

 猛暑のなか、なんとも厳しい措置でした。時局柄、ぜいたくが戒められていた時期。「欲しがりません勝つまでは」を実践する“氷禁止”です。

 それを思えば、クーラーも冷たい飲み物もある現代の私たちは、恵まれているといえるのかも知れませんね。


暑い! けど、めげない!






 毎日暑いですねぇ、という挨拶も、もう慣れっこになった今年の夏。

 今日(8月12日)は、高知県四万十市で観測史上最高の41.0℃を観測しました。

 四万十市は、高知県西部にあり、合併前までは中村市と西土佐村でした。
 連日高い気温が観測され、今日最高気温が出たのは旧西土佐村です。ここは私も何度か行ったことがあるのですが、清流・四万十川をさかのぼった長閑な山村で、京阪神のようにビルがあるわけでも工場があるわけでもクルマがどんどん走っているわけでもないので、地形上そんな高温になるのでしょうか。

 実際に行ってみると、四万十川で遊泳できるしカヌー乗れるしキャンプできるし星もきれい。すごくいいところなんです。
 今日のNHKニュースを見てみると、「あつさ日本一」という顔出し看板ができた! とか。地元のこどもが作ったらしく、真赤な太陽の下でバンザイしている2人がいる、という看板です。すごく暑いんだと思うけれど、なんだか陽気で楽しそうです。
 四万十市は、下流の中村あたりでも、屋形船に乗れるし川エビ食べられるしトンボ館あるし、とってもいいところなんですね。
 これから、「あつさ日本一」でPRして、全国の人の注目を集めてほしいです。

 こういう“マイナス”を逆手にとった町おこし・村おこしが最近ちょっとしたブームですね。

 四万十市のニュースを検索する合間に、You Tube(ユーチューブ)を見たら偶然「おしい!広島県」のコマーシャルフィルムが出てきました。
 河原さぶ、アンガールズ田中、戸田菜穂という広島出身の3人の俳優によるドラマ仕立てのCF。世界遺産の宮島、名勝の帝釈峡など各地を訪れます。しまなみ海道ではサイクリングをしながら、「しまなみ海道は瀬戸内の美しい島々が見られて最高なんじゃけど、半分は愛媛県なんじゃよねぇ」と“おしい”ことを言う、そんなCFです。

 こういうPR手法は賛否両論なんですが、近年の“自虐”ブームとも相まって、増えていますね。
 私は、こういうのもアリだと思うんですね。ふるさとへの愛が感じられて。
 あんまり自慢しすぎるのも変ですしね。

 まだまだ暑い日は続きそうですが、なんでもPRの種になると信じて、がんばっていきましょう!



田端義夫さんを悼む






 4月25日、歌手の田端義夫さんが亡くなった。
 大正8年(1919)生れ、享年94。愛称「バタヤン」。

 田端さんは三重県生まれだが、幼少期は大阪で過ごした。大阪は“第二のふるさと”だ。
 昨年から、その生涯に迫ったドキュメンタリー映画「オース! バタヤン」の制作が行われていて、当館で3月に開催された「おおさかシネマフェスティバル」でプレミア上映された。
 この5月から公開開始という矢先、逝去された。

 私は、バタヤンと同時代を過ごした世代ではないのだが、実に親しみのある歌手だった。それは、父がバタヤンを好きだったからだ。

 「波の背の背に ゆられてゆれて」

 で始まる代表曲「かえり船」。

 この<なみぃ~のぉ~せぇのせにぃ~>という印象深いフレーズが、コドモの耳の中では、いつも<のせのせ>という部分が独立し、意味の分からない語呂として響いていた。その<のせのせ>の歌として、「かえり船」のワンフレーズは耳にしみついた。

 胸前でギターを水平にかまえる独特のスタイルと、微妙なビブラートを効かせた唱法、そして何といっても「オース!」という威勢のいい挨拶。
 舞台に登場すると、勢いがいいのだが、歌い始めると、その歌声と表情は哀愁を帯びる。田端義夫は、稀有な存在だった。

 デビューは戦前だが、「かえり船」がテイチクから出されたのは、昭和21年(1946)。復員・引き揚げという戦後多くの人たちが体験した苦労と「かえり船」が一つになり、その経験を持たない人たちも含めて、共有体験として受け入れられた。
 私の父は昭和5年(1930)生れで、戦地に赴いてはいないが、戦中戦後を生きた一人として心にしみるものがあったのだろう。

 訃報には、田端義夫は「マドロス歌謡」、と書かれている。昭和24年(1949)に出した「玄海ブルース」は、

 「どうせ俺らは玄海灘の 波に浮寝のかもめ鳥」

 と歌う。

 歌の主人公は船乗りで、「星がたよりの人生」を送っている。
 「情けしらず」と他人には思われているが、「男の泪(なみだ)」はひとには見せず、孤独な心をかかえている。

 田端義夫の「マドロス歌謡」の代表歌だが、高度成長期の歌謡曲、特に演歌で盛んに歌われる「港」や「船」のイメージとは異なっている。ちあきなおみが「玄海ブルース」のカヴァーを歌っているが(ちあきなおみは素晴らしい歌手だけれど)やっぱり違う。
 バタヤンの歌う「マドロス」は、陸(おか)の人間とは違う「波に浮寝」の人生。それは(全く筋違いに聞こえると思うが)かつて網野善彦らが指摘した農耕民・定住民に対する海民や漂泊民そのものだ。
 そういった「マドロス」的なバタヤンの歌、バタヤンの立ち居振る舞い、そして生き方が多くの人たちの心を掴んで放さなかったのだろう。

 「かえり船」から60有余年。その歌に涙した人たちの心情は、バタヤンとともに遠い彼方に退いてしまうのだろうか。

 ご冥福をお祈りします。



ダイヤ改正






 テレビのニュースや新聞で、懐かしい鉄道車両の引退が報じられている今日この頃。鉄道各社のダイヤ改正が行われるのが、この季節です。
 みなさんが乗車されている電車のダイヤは、どうでしょうか。

 実は、私が通勤で利用している電鉄会社では、今朝(土曜日)からダイヤが改正されました!! 
 ちょっと、うっかりしていて気付いていませんでした…

 先ほど駅に行くと、ふだんと違った電車が停まっています。見た瞬間に気付きました。「ダイヤ改正」だと。
 いま車内ですが、これまで2人掛けシート(クロスシート)だったのが、横に長いベンチシートになっています。そして、途中から停車駅が増えた! 
 もちろん所要時間もかかるので、私の計算では、下車駅まで8分くらい遅くなりそうです。土日は、ふだんより列車も速く運転しているので大きな影響はないのですが…

 現在、ほぼ中間駅に到着。少し車内が混んできました。これからまだ3駅ほど新しい停車駅に停まるのだろうか…
 
 ちなみに、平日乗っている電車も、土日と同じく停車駅が増えるらしいのです。こちらは少し影響があるかも。

 なんとなく落ち着かない朝になりました。



プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。