スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロの新聞閲覧と通し矢






 必要が生じたので、図書館に行って、戦前の新聞をマイクロフィルムで閲覧しました。


   新聞(マイクロ)


 最近では、デジタルで閲覧できる新聞もありますが、今回見たかった大阪毎日新聞の昭和初期の分については、昔ながらのマイクロフィルムでの閲覧です。
 くるくるとフィルムを回しながら見る装置なので、クルマ酔いみたいな現象が生じることもあります。

 新聞調査でおもしろいのは、本題と全然関係ない記事で興味深いものが多いことです。
 今回は、昭和8年と10年の一部について閲読しましたが、大阪で商工祭が始まったり、“モダン寺院”三津寺が竣工したり、大阪城内の紀州御殿が「天臨閣」と改称されたり、満州国皇帝になった“ラストエンペラー”溥儀がやってきて奉祝騒ぎになったり…、まあ、さまざまです。
 そのなかで、私の注目を引いた記事が、

 <講談本から世に出る 通し矢の名手  三十三間堂の通し矢の額 調査漸く終る>

 というものです(大阪毎日新聞、昭和8年[1933]11月2日付)。


   新聞(通し矢)


 通し矢については、先日このブログにも書きました。
 その歴史については、一般の書物にも、例えばこのように書かれています。

 「1669(寛文9)年、尾張藩士星野勘左衛門が総矢数1万542本中8000本を射通して天下一となり、1686(貞享3)年には紀州藩の和佐大八郎が総矢数1万3053本中通し矢8133本で天下一となった。以後、その記録は破られていない」(『歴史散歩26 京都府の歴史散歩(中)』山川出版社)

 いままで、通し矢の記録の情報が、いつどういう形で明らかになったか、まったく考えたこともありませんでした。
 ものの本には、通し矢の最後は明治28年(1895)で、以後途絶したとあります。
 その時点で、星野勘左衛門や和佐大八郎の記録(200年以上前の話になりますが)は、記憶されていたのか、忘れられていたのか。また、明治後期以降に、忘却されてしまったのか? そのあたりは、よくわかりません。

 いずれにせよ、昭和初期には、記録のことは誰も(正確には)知らなかったらしい。
 それが、三十三間堂の昭和の大修理(昭和4年~9年)に際して、京都帝国大学の調査で明らかになったと、新聞には書いてあるのでした。

 大阪毎日新聞には、次にように書かれています。


 (前略)本堂の修理がはじまり「通矢の額」が降ろされたのを機会に、これまで何人も研究しなかった額面三百三十余について調査をしてゐた(中略)
 それによると、(中略)講談などで人口に膾炙してゐる星野勘左衛門茂則や、和佐大八郎則遠の通矢に関しても興味ある結果が判明するに至つた、即ち星野勘左衛門は寛文九年五月二日総矢一万五百四十二本の内通矢八千本、和佐大八郎は貞享三年四月二十七日総矢一万三千五十三本中通矢八千百三十三本といふ数字がわかり、しかもこのレコードは以後何人も破るものが出なかつたもので、かかる正確な数字は今回の調査の賜物といはれてゐる


 どうでしょうか。今日、私たちが知っている情報は、昭和8年(1933)までに京都帝大の研究者が、梁などに掲げられていた通し矢の奉納額を調査して、判明したものでした。
 ちなみに、星野勘左衛門や和佐大八郎の額は、現在も堂内に陳列されており、私たちも目にすることができます。

 ただ、ひとつ疑問なのは、三十三間堂には、1606年から1853年の記録(のべ約800人分)を記した「矢数帳」というものが残されているはずで、これを参照すれば、彼らの記録も把握できたのではないか、ということです。
 もしかすると、この矢数帳の存在も、明治以降は忘れられていたのかも知れません。

 いずれにせよ、地道な調査が大切なことが理解できます。
 今日もまた、先人の努力に頭が下がる思いでした。





スポンサーサイト

<なにわ歴博講座>、次回シリーズのお知らせ






 好評の<なにわ歴博講座>、次回開催の「冬の講座・その2」は、次の内容でお送りします。

 2月17日(金)
 伊藤 純「李王家博物館から柳宗悦の民芸運動へ-李王家博物館に学んだ人々-」
 
 2月24日(金)
 池田 研「中・近世における水産物の消費地・供給地としての堺-堺環濠都市遺跡出土の魚貝類資料を中心に-」
 
 3月 2日(金)
 文珠省三「歴史研究における広開土王碑の持つ意義について」

 いずれも、午後6時30分から、大阪歴史博物館 4階 講堂にて(受付は午後6時から)。
 参加費は、各回200円です。

 ご参加お待ちしております。




写真家・藤本巧氏の講演会「柳宗悦 河井寛次郎 濱田庄司が歩いた道」開催します!






 特別展「柳 宗悦展」好評開催中です。

 1月29日(日)に、記念講演会「柳宗悦 河井寛次郎 濱田庄司が歩いた道 韓国をふたたび歩く」を開催します。

 講師は、写真家の藤本巧氏です。

 藤本氏は、1949年、島根県生まれ。
 1970年に、柳宗悦らがたどった韓国・慶尚北道や慶尚南道を調査・撮影し、その後も韓国の古寺・農村の取材を続けています。
 1987年には、咲くやこの花賞を受賞。今秋には、韓国国立民俗博物館で写真展が開催されます。

 講演会では、藤本氏が撮影した写真をご覧いただきながら、過去と現在の比較によって、韓国のひとびとの暮らしとその変化について語っていただきます。
 ぜひ、ご参加ください。


【記念講演会「柳宗悦 河井寛次郎 濱田庄司が歩いた道 韓国をふたたび歩く」】

 日 時:2012年1月29日(日)午後2時~4時(受付は午後1時30分から)
 会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
 定 員:250名(当日先着順)
 参加費:300円(ただし、特別展観覧券、同半券をお持ちの方は無料)





久々の雨…






 朝から、ちょっと史跡見学に出掛けました。

 途中歩いていると、奥さん方が「今日は昼から雨や」と話している。
 ふぅん…と、何気なく聞いていたけど。

 すぐに、ぽつぽつ来た。

 とりあえず、あわててお寺に入って、拝観。
 すばらしい本堂、宝物殿の仏さま。あっという間に1時間半近く。

 しかし、外へ出てみると。

 本降りでした。


   大報恩寺


 雨粒が見えるでしょうか?

 15分ほど雨宿りしたけれど、止む気配もなく、仕方なく雨の中を歩いて…
 幸い近くにコンビニがあったので、ビニール傘を買って、バスに乗って帰りました。

 結局、予定していたところの半分も行けなかった…

 いつもは、しつこいくらい天気予報を見、晴れていても傘を持って出るほどの私ですが、今日に限って予報も見ず、傘も持たず。
 まあ、こんなものですね、人生なんて(大袈裟!)。
 
 ちょっと寒い見学の一日でした。




三十三間堂で<通し矢>を見る






 寒い日がつづきます。一昨日昨日は、大学受験のセンター試験でしたね。
 試験を受けるみなさん、風邪をひかないようにして、がんばってください!!

 さて。

 京都・三十三間堂の<通し矢>といえば、成人式を迎えた女性が着物姿で弓矢を射る行事として、冬の風物詩となっています… とまあ、どの案内にも、こんなふうに書かれています。

 恥ずかしながら、これまで見に行ったことがなかったので、1月15日の日曜日、見てきました。


   通し矢


 一般には「通し矢」と言っていますが、お寺では「大的大会」としています。これは、京都府弓道連盟と妙法院門跡(三十三間堂を管理している)の主催事業で、場内アナウンスでは「奉射」と言っていたので、仏事の面もあるのでしょうが、歴とした弓道大会のようです。

 若い女性の奉射(新成人女子の部)が有名ですが、新成人男子の部もあり、一般の部もあります。
 私は午後遅くに行ったのですが、女性が延々と射ていて、番号も2000番を超えていました!

 競技は、遠的というもので、60m離れた大きな的を射ます。三十三間堂の西側でやるのですが、お堂の中央やや北から南に向けて射ます。三十三間堂は、南北の長さ(桁行)が120m余りありますので、その半分です。


   通し矢


 ずらーっと、待ってます。それをカメラで撮る人も、また多いのです。


   通し矢

   通し矢


 12人横に並んで、一斉に射ます(実際には揃いませんが)。1人2本矢を持っています。所要時間は、2分ほどでしょうか。
 まあ、2000~3000人射るのですから、朝8時前からやっても、夕刻前まで掛かります。


   通し矢


 競技ですから、審判がちゃんといて、的に当たったかどうかを判定。
 私が見ていたとき、女性の場合、ほとんどが外れる。的の手前で落下、などというケースも多かったです。やはり60mは遠いのか…
 2本とも当てると決勝進出らしいのですが、今日は10名余りと超難関のようでした。


   通し矢


 女子の部のあと、先生クラスの方が登場。さすがに、結構当たります! それでも半分以下でしょうか。
 ただ、弾道(?)が鋭くて、ビシッと来ますね。
 
 三十三間堂では、周知のとおり、江戸時代に通し矢が流行しました。一昼夜に何本当たるかを競う「大矢数」は人気の超絶競技ですが、最高記録は8,133本で、毎分9本当てたことになるといいます。貞享3年(1686)に紀州の和佐大八郎という若者が成し遂げました。的中率は約6割。西縁に座って、上に庇が掛かるという制約もあるなか、100m以上の遠的をやるわけですから、すごいの一言です。大八郎の奉納額は、今も三十三間堂内に残されています(見られます)。

 やっぱり、古くは武芸といえば弓矢ですからね。鎮西八郎為朝とか那須与一とか。武士ならば、弓が上手でないとね。

 楽しいひとときでした。




「柳 宗悦展」展示図録、発売中です!






 開催中の特別展「柳 宗悦展-暮らしへの眼差し-」では、展示図録を販売しています。


   柳宗悦展図録


 作品写真・解説のほか、論考、年譜などが掲載されています。A4変型判192ページ。2,100円(税込)で、当館ショップにて発売中です。


 【柳 宗悦展 図録目次】

 柳 宗悦展によせて(水尾比呂志)
 柳 宗悦から宗理へ-その眼差しの交わる処-(杉山享司)
 越境する「工芸」-日本民藝館のコレクションと柳 宗悦の工芸観(白土慎太郎)

 第1章  プロローグ
 第2章  『白樺』の時代-西洋美術から工芸へ
 第3章  柳 宗悦の眼-民芸美の発見と民芸運動
 第4章  柳 宗悦の心-美信一如
 第5章  柳 宗悦から柳 宗理へ-日本民藝館の歩み

 鼎談 父母の思い出を語る 我孫子・京都・駒場のこと
 柳 宗悦、工芸への傾倒-バーナード・リーチ、富本憲吉との交流の中で-(谷森美保)
 李王家博物館から柳 宗悦の民芸運動へ-李王家博物館に学んだ人々-(伊藤純)
 柳 宗悦 山陰関連年表-その実践的側面を見つめ直すための基礎資料として-(三浦努)

 日本民藝館案内
 民芸運動の同人たち
 柳 宗悦 略年譜

 入手可能な柳 宗悦の著作・研究書籍ほか
 




難波宮に、なぞのカラーコーン出現 ?!






 午後、大阪府の方から電話が掛ってきました。
 当館の上の階から、難波宮跡公園を撮影したいとのこと。

 なにかなぁ、と思いきや…

 事務所の窓から外を見ると、宮跡にある大極殿基壇の上に、なにやら赤いものが!

 それは、工事現場などで使うカラ-コーンなのだという…

 しばらくして。
 府の担当者と、アーティストたちが来館されました。
 上の方の階に案内すると、あまりにもよくカラ-コーンが見えるので、歓声が!

 こんなふうに!!


   カラーコーン


 これは、街中をキャンバスに見立てて、アーティストが作品を発表するOsaka Canvas Projectというものだそうです。
 本作は、CONE AND THE CITY PROJECT というもの。

 そういえば、昨年、府庁前をカラ-コーンが占拠した、と話題になりましたっけ。
 
 いま5時前。窓外を見ると、もう全部片づけられていました。
 難波宮跡では、1日だけの異空間でした。





ブログ1周年






 このブログ、昨年の1月11日に開始したので、今日でちょうど1年になります。

 これもひとえに、読者のみなさんのおかげです。
 ありがとうございます!

 今日は、朝から、原稿の校正2件と、会議2つで、もう5時。
 校正のうち、先日から取り組んでいるものは、テープ起こしの校正です。私も、同僚も、ほとんどが関西弁でしゃべっているので、それを活字にすると、…ん~、なんか変な感じです。
 東京の、ある博物館の報告書に載るもので、向こうの学芸員さんも「関西弁をいかしていきましょう」と言われるので、そのままやっているのですが… なんとも、むずかしく、頭を悩ませました。
 ようやく訂正を終えて、今夕投函します。

 <なにわ歴博ブログ>では、これからも、大阪歴史博物館の展覧会・行事などを紹介しながら、“等身大”の学芸員のつぶやきも書いていきたいと思います。
 
 よろしくお願いします!





柳宗悦と木喰仏






 特別展「柳 宗悦展」、好評開催中です!

 今回は、木喰仏も出品されています。


   木喰仏


 江戸中期、遍歴しながら諸国で仏像を彫りつづけた僧、木喰(もくじき)。
 円空などとともに、著名な人物です。

 柳宗悦が木喰仏に出会ったのは、大正13年(1924)のことだったといいます。友人・浅川巧と訪ねた山梨の小宮山清三宅で、偶然目にしたのでした。


 「私は即座に心を奪われました。その口許に漂う微笑は私を限りなく引きつけました。尋常な作者ではない。異数な宗教的体験がなくば、かかるものは刻み得ない--私の直覚はそう断定せざるを得ませんでした」

 
 木喰に魅せられた柳は、それからわずか3年ほどの間に、全国に木喰仏の調査を行い、約350点もの木喰仏を発見したといいます。

 今回出品されている地蔵菩薩像(上の写真右)は、柳が小宮山家で出会い、衝撃を受けた記念すべき木像です。
 “微笑仏(みしょうぶつ)”と呼ばれる、笑みをたたえた表情が印象的です。


   木喰仏


 各地で発見した木喰仏とツーショット写真を撮る柳。
 こんな柳の無邪気さに、心ひかれます。





今年の「なにわ歴博講座」、はじまります!






 恒例の「なにわ歴博講座」、<冬の講座(その1)博物館のさまざまな研究>が今週から始まります。

 1月13日(金)八木 滋「瀬戸内塩飽諸島と大坂町奉行所」

 1月20日(金)澤井浩一「錦影絵について-大阪歴史博物館蔵品を中心に-」

 1月27日(金)加藤俊吾「大阪歴史博物館所蔵古代・中世瓦の採集地をめぐって」

 2月 3日(金)大澤研一「徳川大坂城普請後に残された石垣石について-“城下町”大坂の一断面」

 当館学芸員が取り組んでいる最新の研究成果について、わかりやすくお話します。

 いずれも、午後6時30分から(受付は6時から)、大阪歴史博物館・4階・講堂にて。参加料200円(各回)です。

 ご参加お待ちしています!





大河ドラマ<平清盛>、はじまった!






 いやー、いよいよ今年のNHK大河ドラマ<平清盛>、始まりましたねぇ。

 主演は、松山ケンイチ(第一子ご誕生おめでとう!!)。でも、今晩はちょっぴりしか出て来ず(こども時代のため)、代わりに、まえだまえだが出てましたねぇ、おかしかった。


   平清盛
  NHK特製葉書-コピーは“平成は、平安を見よ。”


 私は、テレビの前にじっと座ってドラマを見づらいタチで、大河ドラマも、初回15分でリタイア! なんて年も多いのです。長いのが、苦手なんですね。
 が、今日は見ました、75分間。

 脚本が説明的で、あんまりピンと来ないのが残念。清盛の父・忠盛役の中井貴一はさすがの貫録ですが、えーっというようなキャスティングもあって、ぼちぼちな出だしと思いました。
 次回以降は、予告編を見る限り“パイレーツ・オブ・カリビアン”的な雰囲気も漂わせつつ、いよいよ≪松ケン清盛≫が疾駆しそうです。

 清盛は、昔の悪人イメージから、新たな人物像が構築されている昨今、注目される存在なのは確か。
 また、関西にも縁が深い平氏ですから、これから楽しみかも。大河ドラマにつきものの特別展も、すでに江戸東京博物館で始まっていますが、関西にも巡回するそうです(当館ではないですが)。

 私も、3年前、見学会で須磨寺や那須与一石塔などを訪れ、平家物語的世界をみなさんと見て回ったのでした。
 今年もぜひ、平氏で見学会やりたいですね!

 大河ドラマは、歴史を勉強し直すよい機会を与えてくれます。ドラマの内容を鵜呑みにすると歴史観がヘンになることもありますが、食わず嫌いを治すチャンスです。
 今年は、ぜひ清盛と平氏を深めたいですね!





<柳 宗悦展>開幕しました!







 本日から、特別展「柳 宗悦展-暮らしへの眼差し-」が開幕しました!


   柳宗悦展


 「民芸」という新たな美の概念を生み出した柳宗悦。その収集品約370点を一堂に展示し、それらを通して柳宗悦の思想の歩みを振り返る展覧会です。

 2011年は、柳宗悦が没して50年でした。また、彼が創設した日本民藝館の開館75周年でもありました。この展覧会は、それを機に企画されたもので、展示品の多くは日本民藝館から出品されています。


   柳宗悦展

   柳宗悦展内覧会


 その収集品は、各地から集められ、琉球や朝鮮半島にまで及びました。焼物、染織品から、ハサミのような道具、そして木喰仏まで、さまざまなジャンルにわたっています。

 実際に展示を見ると、バラエティーに富んだ品々が立体的な構成のもとで陳列されており、とても“眼を喜ばす”展示となっています。
 美術・工芸がお好きな方には、ぜひご覧いただきたい展覧会です。

 柳邸の応接間(復元)です。


   柳宗悦展


 日本民藝館の杉山学芸部長によると、柳家の日常品と日本民藝館の展示とはつながっていたそうです。というのも、柳宗悦が日ごろ使っていた品物が、あるときは展示品にもなったからだそうです。


   柳宗悦展


 下の写真は、柳の自筆原稿(「南無阿弥陀仏」の原稿)。


   柳宗悦展


 思想家のリアルな息遣いを感じられます。

 昨年末、逝去された柳宗理さん(プロダクトデザイナー、柳宗悦の長男)の作品を展示したコーナーもあります。
 

   柳宗悦展


 右端は、代表作のバタフライ・スツールですね。

 
 特別展「柳宗悦展」は、2月29日(水)まで、大阪歴史博物館で開催中です。
 詳しくは、当館ホームページをご覧ください。   






特別展「柳 宗悦展」の記者内覧会を開催しました






 大阪歴史博物館の今年第一弾の展覧会は、特別展「柳 宗悦展-暮らしへの眼差し-」です!

 本日、マスコミ等の方への記者内覧会を開催しました。


   柳宗悦展内覧会

   柳宗悦展内覧会


 日本民藝館の杉山享司学芸部長にもおいでいただき、担当の伊藤純学芸員とともに、展示解説を行いました。
 記者のみなさんも、熱心にお聴きいただき、柳宗悦への関心の高さがうかがえました。


 柳宗悦展内覧会

 
 この展覧会は、明日1月7日(土)から開催されます。

 詳しくは、改めてリポートします!!





あけましておめでとうございます






 あけましておめでとうございます。

 暖かい正月で、何よりですね。

 大阪歴史博物館は、1月5日(木)午前9時30分より、開館いたします。

 本年も、よろしくお願い申し上げます。




プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。