スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スキタイ動物トーク>振り替え開催のお知らせ






 9月30日(日)は、台風接近による暴風警報が発令されたため臨時休館し、ご迷惑をおかけしました。

 当日、開催を予定していた長瀬健二郎さんの<スキタイ動物トーク>は、10月28日(日)午前10時から、振り替えで開催します。

 詳しくは、大阪歴史博物館ホームページ をご覧ください。


スポンサーサイト

臨時休館のお知らせ (9月30日)






 本日 9月30日(日)は、台風17号接近に伴い、大阪市内に暴風警報が発令されておりますので、臨時休館いたします。

 午前10時から予定していた「ウクライナの至宝」関連行事<スキタイ動物トーク>も中止させていただきます。

 ご理解のほどお願い申し上げます。

 みなさま方も、強い雨・風には十分ご注意ください。



<スキタイ動物トーク>行います!






 好評開催中の特別展「ウクライナの至宝」。
 いよいよ、講演会がスタートします!

 この週末の9月30日(日)には、長瀬健二郎さん(前天王寺動物園長)を迎えて、<スキタイ動物トーク>を開催します !!
 騎馬遊牧民スキタイが、黄金製品に描いた動物文様を、動物の専門家から解説していただきます。うわさでは、結構写実的に表現されているという話も…

 なかなか聞けないお話ですので、ぜひご来場ください!


 ■スキタイ動物トーク■

 日  時:9月30日(日)、11月23日(金・祝)いずれも午前10時~(45分程度)
 会  場:大阪歴史博物館 4階 第1研修室
 参加方法:当日直接会場へ
 参 加 費:各回200円(ただし、特別展観覧券・同半券をご呈示の方は、スキタイ動物トークか記念講演会のいずれか1回が無料になります)



今年も開催しました<優秀映画鑑賞会>






 毎年恒例の<優秀映画鑑賞会>。今年も、この土日(9月22日、23日)に行いました。

 当館では、各日、2本の名作映画上映と映画に関するお話をセットでご提供しています。
 今回は、溝口健二監督特集でした!


   優秀映画鑑賞会 大阪大学・上倉先生のお話


 連日、200名近くの方にご参加いただき、うれしい限りです。
 年に3~4回やってよ、というご要望もよく聞くのですが、国の事業の巡回なので、残念ながら年に1回だけなのです。
 また、来年にご期待ください !!

 ご来場、御礼申し上げます。




スタッチクーポン利用で、特製クリアファイルプレゼント!






 特別展「ウクライナの至宝 -スキタイ黄金美術の煌めき-」では、スタッチクーポン利用により、さまざまな特典が受けられます。
 詳しくは、<スタッチクーポンがご利用いただけます!> の記事をご参照いただくとして、今日はオリジナルグッズプレゼントをご紹介 !!


   クリアファイル


 このたび新たに製作した<オリジナルクリアファイル>です!

 スタッチクーポンをご利用いただいた皆さま方に、おひとり1枚進呈します。
 ぜひ、ご利用ください!


<ミュージアムウィークス大阪2012>、はじまりました!






   ミュージアムウイークス
 


 本日(9月21日)から、<ミュージアムウィークス大阪2012>が始まりました!

 大阪市の博物館・美術館など8館が、年に一度、選りすぐりの所蔵品を紹介するキャンペーンです。

 今年は、みなさんのお気に入りの品を選んで投票いただくイベントを開催! なにか「A○B48総選挙」の“模倣”みたいな企画ですが(笑)、ぜひ投票してみてください !!


   ミュージアムウイークス

 
 大阪歴史博物館では、8階の特集展示室と7階の近現代フロアとで行っています。


   ミュージアムウイークス
   8階「新発見!なにわの考古学2012」

   ミュージアムウイークス
   7階「都市の民間信仰」


 投票いただいた方には、オリジナル「すごろくガイド」を進呈。どんなものかは、来館してのお楽しみ!

 詳しくは、大阪市ホームページ をご覧ください。




特別展「ウクライナの至宝」、好評開催中です!






 特別展「ウクライナの至宝 -スキタイ黄金美術の煌めき-」がスタートしました!


   ウクライナの至宝
   草原の墳墓に立つ石人(紀元前6世紀)

 
 ユーラシアの草原を駆け抜けた騎馬民族たちが残した至宝を一挙公開しています。

 タイトルに黄金美術とあるだけあって、きらびやかで優れた作品ぞろいです !!
 なかでも、素晴らしいのが、これ!


   ウクライナの至宝
   ゴリュトス(紀元前4世紀)


 ゴリュトス(弓矢入れ)です。木と革で作られた弓矢入れに貼られていた金の薄板です。神話的な物語や数多くの動物たちの文様が描かれています。
 ぜひ実物を見たい逸品ですね!


   ウクライナの至宝
   猪頭付き剣と鞘(紀元前4世紀)


 こちらも動物の図柄で覆われた金製品です。鹿を襲うグリフィンなど、リアルな文様に注目です!
 大阪会場では、オリジナルの解説板も作っていて、文様の意味がよくわかります。


   ウクライナの至宝



   ウクライナの至宝
   儀礼文様額飾り(紀元前4世紀)

 私は、こういうものも綺麗だなぁと思います。額飾り。鉢巻き状におでこに着ける冠でしょうか。なにか楽器を演奏している文様ですね。古墳の副葬品だそうです。


   ウクライナの至宝
   グリフィン文様飾り板(紀元前4世紀)


 衣服につける飾りの小板。頭がワシで身体がライオンという想像上の動物・グリフィン。最近はゲームでもおなじみですね。ひとりで全部つけたら綺麗だけど重そうですね(笑)

 こんなにあっていいのかというくらい、金製品がいっぱいです。

 でも、金以外にも目をみはる装飾品があります。
 それはまた次に紹介しましょう。



「ウクライナの至宝」記者内覧会を開催しました!






   ウクライナの至宝内覧会


 特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」の記者内覧会を開催しました。
 雨が降り始めるなか、数多くの媒体の方にお見えいただきました。


   ウクライナの至宝内覧会

   ウクライナの至宝内覧会


 今回は黄金製品がたくさんあって、思わず息をのみます。

 詳しい内容は、改めてご紹介しましょう。
 
 特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」は、9月15日(土)に開幕です!




スタッチクーポンがご利用いただけます!






 特別展「ウクライナの至宝」で、当館としては新しい試みを行います。
 
 それは、スタッチクーポンサービスの導入です。
 スタッチクーポンとは、OSAKA PiTaPaカードでご利用いただける電子クーポンです。
 駅に設置された端末でクーポン登録をして、博物館を訪れると、特典が受けられるものです。

 注目の特典は!

 (1)観覧料(当日)が、大人1200円が1080円に、高大生800円が720円に割引
 (2)先着1000名様に、当館オリジナルクリアファイルをプレゼント
 (3)OSAKA PiTaPaポイントを30ポイント分プレゼント
 (4)「ウクライナの至宝」オリジナルランチバッグが当たる抽選に参加(10名様)

 いろいろな特典をご用意しました!
 結構お得です !!

スタッチクーポン 当館設置端末

 本日、読み取り端末も設置して、9月15日のオープンに向けて準備万端です。

 みなさんも、スタッチクーポンで特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」をご覧になりませんか。

 クーポンは、大阪市営地下鉄の次の各駅に設置されたステーション端末で受け取れます(OSAKA PiTaPaカードが必要です)。

   梅田・東梅田・西梅田・肥後橋・心斎橋・なんば・天王寺・長居・ドーム前千代崎

 当館でのご利用は、9月15日(土)~11月25日(日)です。

 詳しくは、大阪市交通局ホームページ をご覧ください。



「ウクライナの至宝」展、展示作業中です!






 ウクライナの国宝級資料、約220点を一堂に展示する特別展「ウクライナの至宝」。
 開幕まであと10日と迫った今日も、展示作業が続いています。


   ウクライナの至宝


 貴重な資料なので、ウクライナから来日された学芸員の方と、入念に検査しています。
 作品の陳列も、まもなく完了。
 オープンが待ち遠しいです!

 特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」は、9月15日(土)から、大阪歴史博物館で開催されます !!




間重富の天文観測と暦






 先週から、常設展示室 9階で、テーマ展示「大坂の町人学者 間重富の天文観測と暦」が開催されています。


   間重富展示

   間重富展示

 常設展示の一角ですが、2コーナーを使ってワイドに展開!

 間重富(はざま しげとみ)は、大坂の町人学者であり、天文・暦学者として知られていた人物。幕府の天文方・高橋至時(よしとき)とともに、寛政暦を作りました。

 こんな人です!


   間重富展示
   間重富肖像(本館蔵、羽間平安氏寄贈)
   

 重富は、現在の西区で質屋を営む町人でしたが、絵では刀を差しています。改暦の功績により、苗字帯刀を許されているのですね。でも、なんとなく商人の顔をしていて、親しみやすいです。
 結構「福耳」ですけれど、ご商売は大変うまくいっていたのだそうです(笑) だから、高級な器具を使って天体観測もできたのかな?


   間重富展示
   月食測記(本館蔵、羽間平安氏寄贈)

 重富が観測した日食、月食、彗星などの記録が展示されています。

 別のコーナーでは、映画「天地明察」で話題の渋川春海(安井算哲)に関係する資料を展示しました。
 渋川春海は間重富より1世紀ほど前の人物ですが、貞享暦を作った人で、いわば重富の先輩格です。

 春海が、改暦を建言する前、自らの出自を明らかにしようと、大坂の安井家に問合せをしていました。今回は、その関連資料も展示しています。先祖の名前・命日・家紋などを問い合わせてもらった書簡のほか、


   間重富展示
   安井家系図(本館蔵、安井家文書)


 系図も展示。これは春海自身が書いた系図の写し。右端の清和天皇から始まり、途中、畠山氏の満安という人物を経て、左端に「春海」とあります。いろいろと調べた結果、こういう系図を作成したのでしょう。


   間重富展示
   天文分野之図(本館蔵、羽間平安氏寄贈)
    渋川春海が作った星図


 天文学史としても非常に興味深いのですが、大坂町人の「余技」にそそぐエネルギーの凄さを垣間見る思いがして、学問や文化を維持・発展していくにはこういう力が必要なのだと再認識させられます。
 10月29日(月)まで展示予定ですので、ぜひご覧ください!




今日も発送作業!







   発送 ポストへ投函

 9月1日、土曜日です。
 昨晩から今朝にかけて、9月15日から開催される特別展「ウクライナの至宝」の記者内覧会を案内する作業をしていました。


   発送 封入物


 昨晩の段取りは同僚Sがやってくれたのですが、今日は休みのため、他のメンバーに手伝ってもらいながら、朝イチから作業です。

 9時前から、封筒に「ウクライナの至宝 内覧会ご案内」などとプリントするところから始めて、途中、むりやり紙折り機でチラシを折ったためにトラブル! を起こしたりしながら、投函できたのが11時すぎ。
 紙袋2コの分量。約200通。


    発送 膨大な発送量


 みんなが手伝ってくれたおかげで、2時間半で済んでよかった! ひとりでやったら、完全に午後もやっていた感じ…

 ということで、新聞・雑誌・テレビ・情報紙等のみなさんへお送りする内覧会(プレビュー)の案内は、月曜頃に着く予定です。ドシドシお申込み、ご参加ください !!

 *この内覧会は記者向けのもので、一般の方はご参加いただけません。



プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。