スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の深まり






 ついこの前まで、暑い暑いと思っていたら、一気に秋が深まってきました。
 木々の色づきも、かなり進んできましたね。


   紅葉


 朝の寒さが身に沁み、冬の到来を思わせます。

  
   くちびるを出て朝寒のこゑとなる     能村登四郎


 最近、秋がめっきり短くなってきたのは気のせいでしょうか。

 明日から11月。今年ももう二か月です。




スポンサーサイト

特集展示「大阪の茶の湯と近代工芸」、始まりました!






   大阪の茶の湯と近代工芸


 今年度 4つめの特集展示「大阪の茶の湯と近代工芸-武者小路千家の茶人・三代木津宗詮と大阪の職方-」が始まりました!

 この展覧会は、生誕150年を迎えた三代木津宗詮(きづそうせん、1862~1939)を中心に、木津家を中心とした大阪の茶の湯について紹介するものです。


   大阪の茶の湯と近代工芸


 初代木津宗詮は、安永4年(1775)に生まれ、茶人として名高い松江藩主・松平不昧公と知遇を得たことから茶の道に入ります。展示室には、不昧公から拝領した「寒松一色千年別」の書も展示されています。
 また、紀州徳川家から拝領した黒漆塗の甲冑もあります。


   大阪の茶の湯と近代工芸


 三代宗詮は、武者小路千家流の教義はもとより、茶道具・料理などにも深い見識を持っていました。
 大阪の職方を指導して、新たな茶道具を製作します。展示室には、その茶碗・茶杓・釜・香合などが並んでいて、とても見応えがあります。


   大阪の茶の湯と近代工芸


 また、彼の造詣が深かった茶室などの建築についても紹介。数寄屋大工として知られる平田雅哉の木彫作品なども陳列しています。


   大阪の茶の湯と近代工芸

 いずれも、茶道具としてはもちろん、工芸品としても逸品ばかりですので、これまで茶道に馴染みがなかった方にも楽しんでいただけると思います。

 三代宗詮が茶人として歩み始めたのは、50歳前だったそうです。人間やる気になったら何歳からでも出来るんやなぁ、などと、同年輩の私は感慨にふけってしまうのでした。

 特集展示「大阪の茶の湯と近代工芸」は、12月3日(月)まで開催中です !!




秋の催しをご案内します!






 秋は、博物館を訪れるには絶好のシーズンですね。
 大阪歴史博物館でも、さまざまな催しを開催しています。
 今日は、そのラインナップをご紹介します!

 *10月21日(日)午後2時~
  『ウクライナの至宝』展 記念講演会「悠久のウクライナ」(天江喜七郎氏)

 *10月24日(水)~
  特集展示「大阪の茶の湯と近代工芸」(8階・特集展示室)

 *10月26日(金)午後6時30分~
  なにわ歴博講座「近世大坂における盗品調査と仲間」(西本菜穂子学芸員)

 *10月27日(土)午前10時30分~ 
  古代の石組み水路 特別公開

 *10月28日(日)
  スキタイ動物トーク(長瀬健二郎氏)午前10時~
  iPadで楽しむ難波宮遺跡探訪(午後0時30分、2時30分)

 *11月 2日(金)午後6時30分~
  なにわ歴博講座「大阪市中央公会堂建設秘話」(飯田直樹学芸員)

 *11月 3日(土・祝)=開館記念日=
  特集展示「大阪の茶の湯と近代工芸」展示解説(午後2時~)
  わくわく子ども教室「手作りおもちゃで遊ぼう」午前10時~
  わくわく子ども教室「土人形マグネットつくり」午後2時~

  ※詳しくは、当館ホームページ をご覧ください。


 11月3日(土・祝)の開館記念日には、ご観覧のお客さま先着500名様に「展示の見所」3冊セットをプレゼント!

 特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」も好評開催中!

 イベント目白押しの大阪歴史博物館に、ぜひお越ください!!




なにわ歴博講座、秋の講座が始まります!






 学芸員が専門分野に即したお話をする「なにわ歴博講座」。
 秋のシリーズは、3名の学芸員がお話します。


 10月26日(金) 西本菜穂子「近世大坂における盗品調査と仲間」
 
 11月 2日(金) 飯田直樹「大阪市中央公会堂建設秘話-大阪財界の動向と関わらせて-」

 11月16日(金) 文珠省三「広開土王碑の拓本について」

    ※11月9日(金)はお休みですので、ご注意ください。


   大阪市中央公会堂
   大阪市中央公会堂


 今年4月に着任した西本学芸員は、近世史(江戸時代)の専門です。この講座には、初登場! 「盗品調査」って何だ?って思われた方は、とりあえず聞いてみてください!! なんでも、質屋さんなどが出てくるとか。
 飯田学芸員のお話は、中央公会堂の建設構想を都市名望家の動きと関連づける試みです。当時の社会の階層的なダイナミズムが浮かび上がって来そうですね。
 文珠学芸員は、以前からご紹介している広開土王碑(好太王碑)のシリーズです。当館には、この碑の拓本が所蔵されていますが、今回はその拓本を他の拓本と比較しながら読み解いていきます。古代史ファンの方は必聴の講座です。

 詳しい内容、参加方法などは、当館ホームページをご覧ください。

 ご参加、お待ちしています!




見学会の下見に行っています






 秋らしくなり、大阪歴史博物館でも見学会が始まっています。今日(10月13日)も、「大阪町あるき」第2回が行われていますね。

 11月には、今年で5年目になる見学会「昔の観光地を旅する」を開催します。昨日も、その下見に行ってきました。
 いつものことですが、下見は複数回行うことが通例で、昨日は2度目なので少し詳しく見てきました。
 阪急宝塚線の山本駅から中山寺、そして売布神社まで。幸い好天にめぐまれ(前回は雨でした!)、写真もちゃんと撮れてよかったです。

 山本駅~中山寺は、昔の巡礼道。うねうねと折れ曲がっています。そして、植木屋さんが多い! 古い神社やお寺、道しるべがたくさんあって、あきません。


   中山寺への道標
   山本~中山寺間の道標


 中山寺は、今では安産祈願で有名。妊婦さん、赤ちゃんを連れた御礼参りの方、七五三のお嬢ちゃん、そして昔から続く西国三十三所巡礼に訪れる方々。平日なのに、にぎわっていました。


   中山寺本堂
   中山寺本堂


 中山寺は、摂津国川辺郡(現在は宝塚市)ですが、大阪からさほど遠くないので、大阪の人々の信仰を集めていました。たくさんの「講」が組織され、参拝されていたのです。見学会では、そのあたりのこともご説明したいと思っています。

   中山寺の講
   大坂「元蝋燭講」奉納の天水桶


 山本~売布のルートは、ほんとうにのんびりしていて、歴史に満ちた歩きやすいコースです。道標・舗装・案内板も完備されていて、道に迷う心配もありません。ご自身で歩かれるにも好適なコースです。

 見学会「昔の観光地を旅する2012-北摂の古社寺を訪ねて-」の申し込みは、10月23日(火)消印有効で受け付け中!(応募多数の場合は抽選)。詳しくは、当館ホームページをご覧ください !!




「ウクライナの至宝」展示解説・講演会のお知らせ






 TBS系「世界ふしぎ発見!」でも取り上げられ、いま話題のウクライナ!
 大阪歴史博物館の特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」も好評開催中です !!

 10月7日の講演会にも、多数ご来場いただき、ありがとうございました。


   ウクライナの至宝
       猪頭付き剣と鞘(紀元前4世紀、スキタイ)


 「世界ふしぎ発見!」をご覧になって、どんどん興味がわいてきたという皆さんには、展覧会とあわせて、次の講座もおススメです !!


 10月19日(金)午後6時30分からは、「学芸員による展示解説」を行います。
 当館は、金曜日は夜間も開館しており(~午後8時)、その時間帯を利用しての解説会です。担当の寺井誠学芸員が、実際の展示品を見ながら、分かりやすくお話します。

 10月21日(日)午後2時からは、元ウクライナ駐在特命全権大使の天江喜七郎さんの記念講演会です。
 演題は「悠久のウクライナ~日本・ウクライナ国交20周年に寄せて~」。
 外交官として、現地で経験・見聞されたウクライナのエピソードも聴けそうですね。「世界ふしぎ発見!」にプラスアルファするには絶好の講演です。


 いずれも、参加方法などは <大阪歴史博物館ホームページ> をご覧ください!

 ※「学芸員による展示解説」は、11月9日(金)にも開催されます。


「世界ふしぎ発見!」で、ウクライナ特集 !!





 10月6日(土)、午後9時から、TBS系列「世界ふしぎ発見!」で、ウクライナ特集が放送されます! (関西では毎日放送=4チャンネルです)

 テーマは、「世界が恋するウクライナ 愛と美の秘密」! どんな内容なんでしょうねぇ。楽しみです。

 大阪歴史博物館の特別展「ウクライナの至宝-スキタイ黄金美術の煌めき-」ご観覧の前に、ぜひご覧ください !!

 番組ホームページは、こちら! ⇒ TBS「世界ふしぎ発見!」



特別展「ウクライナの至宝」講演会のお知らせ






 三連休の中日となる10月7日(日)、特別展「ウクライナの至宝」の講演会を実施します。創価大学教授の林俊雄さんの講演です!

 演 題 「スキタイ王侯の埋葬儀礼と黄金美術」

 日 時  10月7日(日)午後2時~3時30分(受付は午後1時30分から)

 会 場  大阪歴史博物館 4階 講堂(定員250名)

 参加費  300円(ただし、特別展の観覧券もしくは半券呈示の方は、記念講演会・スキタイ動物トークのいずれか1回に限り無料)

 参加方法 整理券が必要です。整理券は当日正午から1階・総合案内にて配布します(先着順)。

 詳しくは、大阪歴史博物館ホームページ をご覧ください!


10月雑感






 なぜか、ここのところ忙しいですね(笑)

 例年この時期、来年度の予算編成を行うため、文系どっぷりの学芸員稼業なのですが、電卓を叩くことが、やたら多い(苦笑)
 そのうえ、計算まちがいまでします(汗)


   電卓


 そして今年は、まったく未知のジャンル(内容はまだヒミツ)にもかかわっているため、その理解&作文に四苦八苦 !! インターネットを調べたり、同僚に教えてもらったりしながらやってます。
 なんだか翻弄&奔走の毎日ですね!

 ちょっと、このブログの更新も停滞気味ですが、気を取り直して書いていきますので、よろしくお願いします!




ボランティアを募集しています!






 大阪歴史博物館では、大勢のボランティアさんが活動されています。
 地下に保存された遺跡のガイドや、常設展示の体験コーナー(ハンズオン)のお手伝いなどをしていただいています。いまや博物館の運営になくてはならない力となっています。

 このたび、平成25年4月から1年間、活動していただけるボランティアを募集いたします。


    ボランティア募集ちらし


 応募には、専用の応募用紙をご利用ください。大阪歴史博物館ホームページ からダウンロードできるほか、当館などで配布しています。

 応募期間は、10月15日(月)~11月30日(金)【消印有効】です。

 応募規定等をよくご覧のうえ、郵送でお送りください。

 ご応募、お待ちしています!




プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。