スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

know how から know why へ






 今年も一年間、若い人たちに、いかに「ものの考え方」を身につけてもらうか、随分苦労した。
 中学・高校の教育は、どちらかというと知識を教えるパターンが多く、自らものを考えさせるといっても、その考え方自体も教えることが多い。しかし、“どのようにものを考えるか”という方法を自ら考えることが大切なのだ。

 暮れに新聞を読んでいたら、「失敗学」で知られる畑村洋太郎氏が“know why”が重要だと指摘されていた。その行為を「なぜやるのか」という理由をつかむことが大事だという。
 これまで、教育や仕事で、ノウハウ(know how)が大切だと盛んに言われてきた。あることを「どうする」と出来るようになるか、ということだ。この方法だと、やり方を覚えてしまうと、そのことについては円滑に実行することができるが、すこしズレた応用問題は解けないことになりかねない。しかし、「なぜやるか」を常に考えていると、応用の場面に出くわしても自分で考えて対処することができる。まさに今、この know why が重要だと思われる。

 仕事をしていても、ルーチンワーク(いつもやる決まり切った仕事)はスムーズにできても、新しい問題には対処できないケースが多い。その理由は、実践力の欠如に由来することも多いが、根本には「なぜ」を考える力の不足に依ることが多い。初めて遭遇する場面では、自ら考え、動いて対処することが不可欠だ。
 そして、「なぜ」を考えることと、自ら動いて実践することとは、車の両輪といえる。それらの力は、セットで身に付く。「なぜ」を考え続ければ、自ずと体が動いて問題解決に向かうことができる。体を動かして対処していると、自然に「なぜ」を考えるようになる。

 ひと昔前、「指示待ち族」という言葉がはやったことがあった。その流行から、もう30年余りが経つという。つまり、いま組織にいる人たちのほとんどが「指示待ち」後世代なのだ。これはある意味、どの組織も危機的な状況に陥る種をはらんでいるといえる。多くのメンバーが自ら考えることを止め、指示待ちになったとき、それは“組織の思考停止”につながる。
 現在のデフレ社会は人びとのモチベーションを削ぎ、自ら考える意欲を摘んでいるようにも思える。自分自身も、その弊を免れないと感じる。新年は、そこから脱して、 know why を心掛け、仕事を創造していくことができるだろうか。公私ともに、その力が求められる年になる兆しがある。

 2013年。あなたは自分のなかの何に“why”と問い掛けますか?




スポンサーサイト

年末年始の休館です






 大阪歴史博物館は、12月28日(金)から翌1月4日(金)までは、休館となります。

 新年は、1月5日(土)からの開館です。
 2013年も、よろしくお願い申し上げます。

 みなさま、よいお年をお迎えください!


古文書講座、継続募集のお知らせ






 1月19日(土)~2月16日(土)に5週連続で開催する「古文書講座-大坂の町と仲間」ですが、申込締切が過ぎましたが、まだ少し席に空きがあります。

 参加ご希望の方は、当館ホームページの申込方法をご覧の上、往復葉書でお申込みください。

 なお、定員(60名)に達し次第締め切ります。



最後の火曜は、展示替え






 12月25日は、今年最後の火曜日でした。
 火曜日は休館日ですので、先週今週と、お正月に向けて展示替えをしてみました!

 今回はちょっと裏方作業をセルフ撮影。


   DSC_0442_convert_20121225164332.jpg

 
 これは、大阪の豪商・鴻池家から寄贈を受けた品々の一部です。
 これから展示する品ではなく、展示してあった品を片づけるための箱です。

 箱にしまうにも、お品を裸で入れるのではなくて、少々包んでからしまいます。


   DSC_0439_convert_20121225164129.jpg


 これは、ガラスの穂屋(ほや)のついた置時計。ガラスがこわれないように、薄葉紙(うすようし)という薄くて柔らかい紙で丁寧に包ます。学芸員の作業では、この紙は大変よく使います。とても重宝します。
 上の写真は、まずガラス部分がしっかりするように“腰巻き”みたいに薄葉紙を巻いたところ。さらに、左側から上方に向けて紙を掛けます。


   DSC_0440_convert_20121225164212.jpg


 つづいて、前後からも紙を掛けて包み込みます。わかりづらいですが、前後・左右からクロスするような形で紙を掛けています。


   DSC_0441_convert_20121225164253.jpg


 桐箱にしまったところ。
 このくらい包んでおくと、特に詰め物をしなくても、ぐらぐら動くこともありません。あとはフタをすればOKです。フタは縦に落とし込む形になっています。
 4点しまいましたが、小1時間位かかったでしょうか。並べるよりも時間がかかります。

 そのあと、新しい品々を陳列しました。


   DSC_0443_convert_20121225164418.jpg


 冬らしく、火鉢が3つ。鴻池家は豪華でして、右から2つめは正月専用です!
 昔のくらしなので、火鉢は冬の必需品。鴻池家にも、大小さまざまな火鉢が所持されていました。

 1月末まで展示していますので、ぜひご覧ください !!
  



年の瀬に思う






 この前、何気なく、ある記者会見の模様がテレビニュースで放送されているのを見ていました。
 そのニュースに、ハッと目がいったのは、会見者の背後のボードに「大大阪」の文字が躍っていたからです。どうも、「大大阪」「大関西」を作ろうというキャッチフレーズを用いた活性化策があるらしいのです。

 当館は、11年前の開館時から、近代・現代フロアの愛称を<大大阪の時代>として、20世紀前半の都市大阪にスポットを当ててきました。そのころは、「大大阪」という言葉を知っている人は、専門家を除けばほとんどおらず、「大」がダブっているために、冗談まじりに“誤植じゃありませんよ”と言っていたものです。
 それが10年余りで、多くのみなさんがこの言葉を使うようになり、幅ひろく市民権を得ているようです。

 この言葉を歴史を捉え直すためのキーワードとして導入した当時でしたが、今では「大大阪」といえば、経済が繁栄しモダニズムが開花した素晴らしい時代、というふうに解釈されがちなようです。
 正直言うと、ちょっと待って、という思い。
 歴史は、あまりに分かりやすく捉えてしまっては見失うものが多い。歴史的な言葉は、自由に利用しすぎると歴史と真摯に向き合う姿勢から遠ざかってしまう……
 複雑な思いです。これが、いわゆる言葉の「独り歩き」か、と感じたりもします。この言葉を普及させようとした、普及させてきた一人として自省せずにはいられません。
 近年私は、若い人たちと歴史を学ぶ機会が多いのですが、歴史的に物事を捉え考えることの難しさ、それを伝えることの難しさを痛感します。自分の至らなさがもどかしい。

 来年も、この気持ちとともに過ごしていくような気がしています。




防火訓練を実施しました





    消防訓練


 大阪歴史博物館では、年に2回、NHK大阪放送局と合同で防火訓練を実施しています。今週火曜日の休館日にも行いました。
 寒い中、中央消防署や消防振興協会の方においでいただき、さまざまな訓練をしました。


   消防訓練

   消防訓練


 消火器を使った消火訓練です。消火剤の代わりに水を噴射します。


   消防訓練

   消防訓練


 こちらは、煙体験。模擬の煙ですが、まったく視界がなくなります。

 いざというときには、初期消火やお客さまの誘導など大切な事項がたくさんあります。これからも一層の防災意識向上に取り組んでいきたいと思います。
 



特別展チラシを選考中!





   幽霊妖怪画大全集  先行チラシ


 12月になると、来年の話が多くて恐縮なのですが…

 前回は、2月からの特別展「天下の城下町 大坂と江戸」をご紹介しましたが、今日はすでに始動しているその次の展覧会の裏話です。

 来年4月20日から、特別展「幽霊妖怪画大全集」を開催します !!
 キャッチコピーは、“美と恐怖のユーモア”。
 福岡市博物館の貴重な浮世絵コレクションを中心に、こわくておもしろい幽霊・妖怪画を展示します。

 準備は着々と進行中!
 先日は、チラシのデザインを選考しました。
(上のチラシは「先行チラシ」といって、事前に配るもので、詳しい情報が入っていません)


   幽霊妖怪画大全集


 製作するチラシは1種類なのですが、なんと13種のデザイン案から選びました !!
 学芸員だけでなく、若い同僚職員にも見てもらっての選考です。

 カンカンガクガクの議論の末、デザインが決定しました!

 われながら、なかなかいいデザインになったと思うのですが、まだヒミツです(すみません…)

 チラシやポスターは、1月末頃に出来上がる予定。
 ちょっと工夫してみましたので、おたのしみに!




“天下の城下町 大坂と江戸”!






 来年2月から開催される特別展「天下の城下町 大坂と江戸」、準備も着々と進んでいます!


   jokamachi_anime.gif


 上の画像は、このブログとしては画期的? な切り替わる画!
 ただ単に、当館ホームページからもらっただけなのですが(笑)

 「天下の城下町」の意匠は、ポスターデザインと同様の絵柄ですが、バックに見えるのは「京・大坂図屏風」(当館蔵)のうち、大坂の部分です。左上隅に、大坂城天守閣が見えていますね。


   京・大坂図屏風
   京・大坂図屏風より大坂図(右隻) 江戸時代 本館蔵 
 

 この屏風、六曲一双(ろっきょくいっそう)といって、左右2つの屏風がセットになっているのですが、その右の方(右隻)が「大坂図」です。とても詳細で、豊臣秀頼の時代の町の雰囲気がうかがえる作品です。
 左上方に大坂城が、右上方には四天王寺と住吉大社が登場しています。武家屋敷や、祭りに興じる人びとも描かれているのですが、さすがにこの小さな画像では…

 ということで、この作品はぜひ展示会場でご覧ください!

 特別展「天下の城下町 大坂と江戸」は、2月2日(土)から開催します !!




考古学入門講座「朝鮮半島と日本の考古学」を開催します!






 来年2月の話で、少し気が早いのですが、考古学に関する講座のお知らせです。

 2月13日から3月6日までの毎週水曜日に、考古学入門講座「知りたかった! 朝鮮半島と日本の考古学」を開催します。
 講師は、寺井誠学芸員です。

 ご承知のように、朝鮮半島と日本は古くから密接な関係にありました。この講座では、原始・古代における朝鮮半島と日本の交流史を、考古学の研究成果をもとに、わかりやすく解説します。
 各回の内容は、次の通りです。


 第1回 朝鮮半島の歴史・地理と自然環境(2月13日)
 第2回 東夷世界の発展-農耕社会の成立から国家形成-(2月20日)
 第3回 渡来人の考古学(2月27日)
 第4回 難波と朝鮮半島(3月6日)

  ※いずれも水曜日、午後2時~4時(当館 4階 第1研修室にて)


 定員50名で、参加には事前申し込みが必要です(締切:1月28日(月)消印有効、応募者多数の場合は抽選)。
 4回通しでお申し込みください。参加費は2,000円です。
 
 参加ご希望の方は、往復はがきに、住所・氏名・連絡先電話番号、返信面に返信先をご記入の上、大阪歴史博物館「朝鮮半島と日本の考古学」係までお申込みください。

 詳しくは、<大阪歴史博物館ホームページ>もご覧ください。

 ご応募お待ちしています !!




古文書講座を開催します!






 年始の1月19日から2月16日までの毎土曜日に、古文書講座「大坂の町と仲間」を開催します!

 この講座は、当館と大阪市立大学とが連携して行う講座です。
 全5回で、内容は次の通りです。


 1 近世都市大坂の成立(八木滋 当館学芸員)  1月19日(土)
 2 大坂の町[チョウ](塚田孝 大阪市立大学教授)  1月26日(土)
 3 質屋仲間(西本菜穂子 当館学芸員)       2月 2日(土)
 4 青物市場仲間(八木滋 当館学芸員)       2月 9日(土)
 5 明治維新期の布令(佐賀朝 大阪市立大学准教授) 2月16日(土)

  ※各回とも、午前10時~12時(当館 4階 第1研修室にて)

 
 古文書を読解するだけでなく、そこから当時の社会のようすを理解していただければ幸いです。

 定員60名で、参加には事前申し込みが必要です(締切:12月24日(月)消印有効、応募者多数の場合は抽選)。
 5回通しでお申し込みください。参加費は2,500円です。
 
 参加ご希望の方は、往復はがきに、住所・氏名・連絡先電話番号、返信面に返信先をご記入の上、大阪歴史博物館「古文書講座」係までお申込みください。

 詳しくは、<大阪歴史博物館ホームページ>もご覧ください。

 ご応募お待ちしています !!




ミュージアムの現状を伝える1つのニュース






 広島県を中心に発行されている中国新聞に、こんな記事が掲載されました(2012年12月6日付)。


 広島市中区の広島県立美術館は5日から、これまで外部委託してきた展示室の監視員の一部を学芸員で担う異例の経費節減策を始めた。本年度、入館者が伸びず赤字が膨らんだため。美術関係者からは「学芸員本来の仕事を妨げ、悪い前例になる」との指摘もある。

 当面は5日開幕した「永田萠―夢みるチカラ展」だけで実施。来年1月14日までの会期中、展示室内での監視員を、学芸員7人が交代で1日4時間、週に2、3回をめどに担う。総務系職員の3人も交代で入る。

 本年度は4~6月の特別展「平清盛」などが不入りで、上期の収支が約1500万円の赤字に。県が経費節減を強く求め、人材派遣会社に頼んできた監視員の一部を初めて自前で担うことにした。約70万円の節減になる。今後も下期の入りを見ながら対策を講じる。

 学芸員は博物館法で「資料の収集、保管、展示及び調査研究」などに当たる専門的職員とされる。359館が加盟する全国美術館会議事務局(東京)は「少なくとも県立規模の館では聞いたことがない事例」と話す。岡山県立美術館の鍵岡正謹館長は「調査研究に励み、いい展覧会をつくるのが学芸員の仕事。大変悪い前例になる」と疑問を呈した。

 広島県文化芸術課の坂井浩明課長は「入らなかったから仕方ない、では済まない時代。来館者の声に直接触れる機会に生かしてほしい」と話す。

 同県立美術館の越智裕二郎館長は「緊急対策として取り組むが、地域の文化をどう支えるかの視点で、県と今後をよく話し合いたい」としている。

 美術館や博物館の経営論が専門の佐々木亨・北海道大教授の話
 緊急対策であっても驚きで、赤字と連動した制度化はするべきでない。一方で学芸員は住民に向け、収支だけでは測れない美術館の価値があることを企画の内容でいっそう発信する必要がある。  (中国新聞2012年12月6日付)


 広島県美は、広島駅から徒歩10分ほど、名勝・縮景園に隣接して建っています。私も昨年、「ウクライナの至宝」展が同館で立ち上がったときに訪れました。広々とした展示室で、ミュージアムグッズなどもたくさん売っていて、レストランもあって、気持ちよい美術館でした。
 特筆しておきたいのは、その「ウクライナの至宝」展が、実によく計画・工夫・配慮された展示ぶりで、担当学芸員の方(存じ上げませんが)に深く敬意を表したくなる展示会場でした。

 このニュースは、ネット上でも話題になっていて、実にさまざまな声が出ています。
 みなさんは、どう思われますか?
 


特集展示「大阪市の新指定文化財」、はじまりました!






   新指定文化財展


 2年ごとに開催している「大阪市の新指定文化財」展。今回は、平成22年・23年度に指定された文化財を紹介します!

 22年度には16件、23年度には18件の文化財が指定を受けています。

 本展では、指定品の一部を展示するとともに、パネル等でも紹介しています。
 また、会場で配布しているA4版 8ページのリーフレットには、各指定品の解説・写真を掲載しており、たいへん参考になります!


   新指定文化財展


 展示風景は、こんな感じです!
 石器から掛軸や仏像まで、多種多様。大阪市に所在する文化財のバリエーションがうかがえます。

 たとえば、鐘。


   新指定文化財展
    銅喚鐘(安楽寺蔵)


 平野区の安楽寺ご所蔵の銅喚鐘です。朝鮮鐘の影響が見られるもので、天正3年(1573)の銘があるものです。細かい文様も見どころです。


   新指定文化財展
    木造一字金輪三尊坐像(西願寺蔵)


 こちらは、住之江区の西願寺ご所蔵の木造一字金輪三尊坐像です。
 三尊像ですが、曼荼羅の世界を立体化して造られたもので、まんなかが大日如来が変じた大日金輪、右が不動明王、左が愛染明王です。


   新指定文化財展


 中尊の大日さまです。手は智拳印を結び、頭に宝冠をいただき、胸には瑤珞(ようらく)をつけられた菩薩形です。7頭の獅子が支える蓮華に坐っておられます。うしろの丸い形(光背)は、日輪を表しています。元禄年間に、大坂の廻船商人が発願したものだそうです。
 とても優美な仏さまで、必見です。

 もうひとつ、私のおススメは、こちら!


   新指定文化財展
    木造天神坐像(生根神社蔵)


 住吉区の生根神社ご所蔵の木造天神坐像。烏帽子をかぶり、衣冠束帯、手には笏(しゃく)を持っています。
 とても愛らしいお像ですね!

 文明14年(1482)の墨書銘があるそうなので、応仁・文明の乱の直後に作られたものです。
 生根神社は「奥の天神」とも呼ばれ、菅原道真公もお祀りしています。


   新指定文化財展
    錦影絵「風呂」および「種板」(当館蔵)

 そして、当館所蔵の「錦影絵(にしきかげえ)」一式も出品中!
 いまのスライドのような装置で、画像を投影して楽しむ道具です。投影装置「風呂」1台(写真奥)と、スライドにあたる「種板」(写真手前)を展示しています。


 このように、今回も盛りだくさんな展示で、見ていてあきません。

 特集展示「平成22・23年度 大阪市の新指定文化財」は、来年2月25日(月)まで開催中です !!





プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。