スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「和田呉山と仏の絵画」はじまりました!






 特集展示「和田呉山と仏の絵画」が、2月27日(水)スタートしました。

   
   P1070871_convert_20130227161649.jpg


 江戸時代の大坂出身の絵師・和田呉山(1800~1870)を紹介する展示です。
 呉山は、円山応挙の高弟・森徹山に師事し、のち僧侶となって八尾の長栄寺や京都の神光院で修行して、仏教を主題とした絵画を描きました。


   P1070872_convert_20130227161738.jpg


 展示は、次のような構成になっています。

  1 江戸時代の上方における仏の姿

  2 呉山の仏

  3 さまざまな呉山の作品

  4 呉山の交流

 呉山が描いた釈迦如来像、観音風神雷神像、地蔵菩薩像や山水図などを展示するとともに、呉春、伊藤若冲、紀広成、狩野永泰、冷泉為恭らの作品も展示します。


   P1070874_convert_20130227161825.jpg


 和田呉山は、幕末においても名の知られた絵師で、当時の「浪速諸流画人名家案内」にも、森一鳳らとともに、淀屋橋「和田呉山」と登場しています。


   P1070881_convert_20130227161909.jpg

   P1070883_convert_20130227162152.jpg 中央に「和田呉山」の名が…


 特集展示「和田呉山と仏の絵画」は、4月8日(月)まで開催中。
 柔らかな線で描かれた仏の絵画を、ぜひお楽しみください!




スポンサーサイト

特別展「幽霊・妖怪画大全集」、特設ホームページを開設しました!






 この春、4月20日(土)から開催する特別展「幽霊・妖怪画大全集」。

 福岡市博物館所蔵の日本画を中心に、“美と恐怖とユーモア”をお届けします!!


   蟷ス髴閣itle_convert_20130226120404


 その特設ホームページを開設しました!

 ぜひ一度ご覧ください!! こちら ⇒ <幽霊・妖怪画大全集>ホームページ

 展覧会ニュースやチケット案内など、さまざまな情報を掲載していきますので、ご期待ください。




春もまだ…








 日曜日の「天下の城下町 大坂と江戸」シンポジウムには、多数ご来場いただきまして、ありがとうございました!

 私は、今日もまた見学会の下見だったのですが、大阪市内といっても朝9時前後では、とても寒いですね。


   P1040450_convert_20130225150528.jpg

 
 ビルの上から見た市街。
 ラグビーで優勝したサントリーの懸垂幕がかかっています。

 2月も末だというのに、まだまだ寒いです。
 風邪など引かれないよう、お気を付けください。





特別展「天下の城下町 大坂と江戸」シンポジウムを開催します!






 好評開催中の特別展「天下の城下町 大坂と江戸」。
 2月24日(日)には、シンポジウムを開催します!!

 ≪近世の二大城下町 大坂と江戸-その姿と都市構造をさぐる-≫

 日 時:平成25年2月24日(日)
     午前10時15分~午後4時45分 ※開場は9時45分
 会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
 定 員:250名(当日先着順)
 参加費:無料

 内 容:【午前】(10時15分~)
     報告1 豆谷浩之(大阪歴史博物館)
        「大坂城下町の形成過程-豊臣から徳川へ-」
     報告2 平田洋司(大阪文化財研究所)
        「大坂城下町の建設と変遷-発掘調査の成果から-」
     【午後】(12時45分~)
     基調講演 玉井哲雄氏(国立歴史民俗博物館)
         「城下町としての大坂、そして江戸」
     報告3  小澤 弘氏(東京都江戸東京博物館)
         「武都・江戸の風景」[予定]
     報告4  後藤宏樹氏(千代田区立日比谷図書文化館)
         「江戸城下町の開発」
     ディスカッション
         司会:松尾信裕(大阪城天守閣)、大澤研一(大阪歴史博物館)

 ふるって、ご参加ください!



おけいはん!






 大阪歴史博物館は、電車(民鉄)でいうと京阪沿線という位置づけになっていて、京阪各駅などにはいつもポスターを張っていただいています。
 
 そんなこともあって京阪電車に注目しているのですが、昨年暮れから、キャラクターの「おけいはん」が変りましたね。
 今度のおけいはんは5代目なのですが、はじめて公募で選ばれました。大学生のUさんという方なのですが、なかなか初々しく好印象です。


   おけいはん


 2000年に「おけいはん」が登場するまで、京阪電車は“わたしの行動力”というキャッチフレーズで活動的なイメージの女優・タレントを起用されていて、山口智子さん、渡辺満里奈さん、そして今は議員になった蓮舫さんなどが登場していました。
 現在のおけいはんを見ると、隔世の感があり、ちょっとしみじみです…

 これからも、新おけいはんに注目していきたいと思います!
 



あべのハルカスが見えた






 日本一の高層ビル、高さ300mの<あべのハルカス>。テレビのニュースで、外装が完成したと報じていました。リニューアルする近鉄百貨店も6月開業だそうです。

 そこで、大阪歴史博物館からハルカスが見えるかどうか、10階に上ってみました。

 常設展示室10階の南側の窓から眺めると、遠くに…


   ハルカス


 中央のビルがハルカス。

 この写真だと、手前のビルが高く見えますが(笑)、本当は300mですからハルカスが遥かに高いはず。

 完成したら行ってみたいと思います!




建築史探偵団、下見第2弾!!






 晴れた木曜日、3月開催の<建築史探偵団>の下見に行ってきました!

 先日は、加古川・高砂方面に行ったのですが、今回は大阪市内。地下鉄心斎橋駅から中之島まで、たくさんの建築を見て歩きました。


   P1040269_convert_20130216111402.jpg 長瀬産業


 これまで何度も見た建物が多いのですが、毎回ちがった表情を発見し、楽しいですね。

 長瀬産業の向かいにある立売堀ビル。


   P1040285_convert_20130216111448.jpg 立売堀ビル


 西区の立売堀や江戸堀・京町堀界隈は、昭和の初め頃、貸室のあるオフィスビルが数多く建った地域です。
 おそらくキャパシティーが満杯になりつつあった船場に加え、このあたりにも事務所需要が生じたのでしょう。
 写真の立売堀ビルもそのひとつ。昭和2年(1927)に建てられた地上4階建の事務所ビルです。街路に面した1階は、今も店舗になっています。


   P1040302_convert_20130216111545.jpg 崎山ビル

 こちらは崎山ビル。かなり老朽化していて空家になっています。そろそろお別れかも…


    P1040361_convert_20130216111627.jpg 大阪教会


 大阪教会に行くと、ちょうどパイプオルガンによる正午礼拝の時間帯でしたので、オルガンの音色を拝聴できました。

 現在、見学コースを選定中です(上記建物は見学しない場合があります)。
 スペシャルな見学先もご用意していますので、応募をお待ちしております。

 応募締切は、2月22日(金)消印有効。詳しくは、大阪歴史博物館ホームページをご覧ください!!




土日は盛りだくさん






 今週も、土曜・日曜と、いろいろな催しがあり、私たちも大忙しです!

 今日(2月16日)、土曜日はこちら。


   ボランティア研修


 4月から活動いただくボランティアさんの研修会です。
 200名以上の方が参加されるので講堂も満員状態。午前中は、伊藤学芸課長と文珠運営課長がボランティ活動について話しました。


   ボランティア研修


 その向かいでは…


   古文書講座


 古文書講座です。
 受付は、ちょっとぽつねんとしていますが、約40名の方が聴講されました。大阪市立大学との共催講座で、今日は市大の佐賀朝さんに担当していただきました。
 4回連続で行いましたが、なかなか好評の講座でした。

 明日は、教育委員会と連携して特集展示「大阪市の新指定文化財」関連講座を開催。また、同志社女子大学との共催で歴史講座も行います(いずれも申込受付は終了しています)。私は、後者の担当なので、明日は少し忙しそう。
 これから準備に掛りたいと思います。




<ipad で楽しむ『AR難波宮』ツアー>開催!





   P1070513_蜿嶺サ論convert_20130210094103


 2月8日(金)、午後5時から<ipad で楽しむ『AR難波宮』ツアー>を開催しました。

 AR(拡張現実)を用いて昔日の難波宮の建物がディスプレイに浮かび上がる「AR難波宮」。昨年製作したアプリです。
 今回の催しは、初めてご利用になる方にも、わかりやすく使い方をご説明するものです。


   P1070523_2繝槭・繧ォ繝シ蜑浩convert_20130210100431

   P1070524_繝槭・繧ォ繝シ蜑・_convert_20130210094147


 約20分間のツアーで、当館の案内スタッフがご説明しながら、エントランスホールなどに設置された「マーカー」を読み取り、ディスプレイ上に難波宮を浮かび上がらせました。


   P1070531_2荳ヲ縺ウ蛟牙燕_convert_20130210094229


 屋外でやると、ちょっと“天体観測”みたいですが(笑)、楽しくお使いいただけます!
 これを使うと、難波宮への理解もいっそう進みますね。

 <ipad で楽しむ『AR難波宮』ツアー>は、2月15日(金)午後5時からも開催します !!
 受付は午後4時30分から、当館1階の総合案内にて。定員は10名で先着順にお受けします。
 参加費は無料で、ipad は当館で貸し出します。

 なお、AR難波宮については、こちらの記事もご覧ください。⇒ <アプリ≪AR難波宮≫スタートしました>

 ご参加お待ちしています!




特別展「天下の城下町 大坂と江戸」、展示解説のお知らせ






 特別展「天下の城下町 大坂と江戸」が開幕しました。

 2月9日(土)に、学芸員による展示解説を行います。

 時間は、午後2時から(約30分間)、当館6階の特別展示室にて。
 参加費は無料ですが、特別展示室ご入場には特別展観覧券が必要です。


   P1070376_convert_20130205114955.jpg


 今回の特別展では、2月9日(土)と、3月16日(土)の2回、展示解説を行います。
 担当の学芸員から詳しい説明を聞きながら、展示品をご覧ください!!




特別展「天下の城下町 大坂と江戸」、始まりました!






   天下の城下町 大坂と江戸   天下の城下町 大坂と江戸


 いよいよ始まりました、特別展「天下の城下町 大坂と江戸」。

 豊臣秀吉の大坂と徳川家康の江戸をあわせて取り上げる展覧会。絵図、屏風、古文書、出土資料など、バラエティに富んだ展示になっています!

 第1章は<織田信長の城と城下町>。


   天下の城下町 大坂と江戸

 
 信長が手がけた小牧城、岐阜城、そして安土城を出土品や絵図で紹介します。

 つづく第2章は<「天下の城下町」の誕生~豊臣秀吉の城と城下町>。


   天下の城下町 大坂と江戸

   天下の城下町 大坂と江戸


 秀吉による大坂城の築城を中心に、京都の聚楽第や伏見城、さらに肥前名護屋城などについても取り上げています。
 当館所蔵の京・大坂図屏風のうち大坂図(写真下)も展示中!


   天下の城下町 大坂と江戸

   天下の城下町 大坂と江戸


 城下の人びとが使っていた陶磁器なども展示 !! 志野や織部などの桃山陶磁(写真上)や、マジョリカ陶や大皿(写真下)も見どころです。

 第3章は<新しい「天下の城下町」~徳川の江戸>です。
 徳川家康による“天下普請”を多彩な絵図や出土品で紹介しています。


   天下の城下町 大坂と江戸


 写真は、江戸城北の丸などで出土した遺物。国内の陶磁器のほか中国製陶磁も発掘されています。

 そして第4章<「天下の城下町」から「天下の台所」へ~徳川の大坂>。
 徳川による大坂城築城や町の整備について、文書や絵図で詳しく解き明かします。


   天下の城下町 大坂と江戸


 今回の展覧会は、細かい出土品なども入れると約400点も資料が展示されていて、見どころも満載です!
 絵図や地図がお好きな方、考古学・出土資料に興味がある方には、必見の展覧会といえるでしょう。
 もちろん、大阪という町の成り立ちについて知るためにも、ぜひご覧いただきたい自主企画です。

 特別展「天下の城下町 大坂と江戸」は、3月25日(水)まで開催中です!
 

   天下の城下町 大坂と江戸




プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。