スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別展「織田作之助と大大阪」、開幕しました!





   P1050858_convert_20130925152055.jpg 織田作がお出迎え!


 いよいよ始まりました、特別企画展「生誕100年記念 織田作之助と大大阪」!

 入口では、織田作自身? がお出迎えです。


   P1050859_convert_20130925152142.jpg


 織田作之助は、大正2年(1913)10月26日、大阪の生国魂神社の近所で生まれました。
 京都の第三高等学校(三高)に在学するものの卒業はできず、その後、新聞記者を経て、作家の道に入ります。
 出世作は、昭和15年(1940)に発表した「夫婦善哉」。近年、別府を舞台にした続編が発見され、話題を呼んだのも記憶に新しいところです。


   P1050853_convert_20130925151925.jpg
   森繁久彌と淡島千景の映画に関する資料も!!


 このたびの展覧会の調査のなかで、新発見の原稿なども見出されました。


   P1050832_convert_20130925151744.jpg
   「夫婦善哉」の草稿類も展示


 戦中戦後とさかんに書き続けた織田作ですが、持病の結核が悪化し、昭和21年(1946)の暮れ、大喀血し、年を明けて帰らぬ人となります。絶筆となった評論「可能性の文学」は、志賀直哉らの“心境小説”を痛烈に批判し、文学の、そして人間の可能性を追求する姿勢をみせていました。享年33。すでに没して66年になります。


   P1050852_convert_20130925151835.jpg
   壁面には、織田作文学マップも


 「夫婦善哉」の題名のもとになった法善寺のぜんざい店。うまい食べ物に目がない柳吉は蝶子を誘います。

 柳吉は「どや、なんぞ、う、う、うまいもん食いにいこか」と蝶子を誘った。法善寺境内の「めおとぜんざい」へ行った。道頓堀からの通路と千日前からの通路の角に当っているところに古びた阿多福人形が据えられ、その前に「めおとぜんざい」と書いた赤い大提灯がぶら下っているのを見ると、しみじみと夫婦で行く店らしかった。

 こう書かれたぜんざい店の阿多福人形が、今回出品されています。


   P1050854_convert_20130925152012.jpg
   お多福人形(百河豚美術館蔵)


 立派な木像で、いらっしゃい、という感じですね!
 明治16年(1883)に創業された同店の初代のお多福人形だそうです。

 本展は、織田作之助生誕100周年記念事業推進委員会のご尽力で開催されました。織田作の資料が、これだけ一堂に会する機会は、なかなかないですね。

 特別企画展「織田作之助と大大阪」は、10月18日(金)まで開催中! ぜひご来館ください!!




スポンサーサイト

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」、閉幕しました






 特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」は、9月16日をもって閉幕いたしました。
 多数のご来場、御礼申し上げます。

 次回展は、特別企画展「生誕100年記念 織田作之助と大大阪」です。
 こちらも、お楽しみに!


変わり兜展などポスター・チラシを発送しています!





 秋は、博物館にとっては展覧会の好適シーズンで、いわゆる書き入れ時でもあります。

 当館では、11月2日(土)から、特別展「戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具」を開催しますので、ここのところ、そのポスターやチラシの発送作業を行っています。

 金曜日も、朝からお昼まで、封筒の詰め込み作業をしました!


   ポスター発送


 今回のポスター・チラシは、黄色がベースなので、とても目立ちますね!!


 ところで、今週もいろいろあって、私は週の初めに、中国地方にある2つのミュージアムに行ってきました。
 来年、当館で受け入れる巡回展の実地視察です。これがなかなかユニークな企画で、伝統的な作品を現代的な切り口で見ていただける内容です。若い方にも、ぜひご覧いただきたい展覧会です。
 週末には、その関係者の方々と細かい打ち合わせも行いました。
 内容は、まだ秘密なのですが、ご期待いただければと思います。

 そして、こちらも週末、織田作之助の「夫婦善哉」新たな草稿発見というニュースをリリースしました。
 特別企画展「織田作之助と大大阪」を準備する調査のなかで、100周年事業推進委員会の皆さんが、ご遺族宅で発見されたのです。


   オダサク原稿


 織田作独特の、大きく構えた文字が記された生原稿です。発見の概要は、当館ホームページでお知らせしています。
 原稿類は、9月25日(水)から始まる展覧会で公開します!


 こんな感じで、今週も慌ただしく過ぎて行きました。

 土日月は、3連休の方も多いと思います。
 特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」も、9月16日(月・祝)が最終日。まだの方はお早めにお越しください。




<関西考古学の日2013>はじまりました!






   髢「隘ソ閠・商蟄ヲ縺ョ譌・172_convert_20130831111419


 今年で6回目を迎える<関西考古学の日>。

 好評のスタンプラリーも、9月1日から始まりました!
 大阪歴史博物館を含むスタンプ対象施設のうち8施設のスタンプを集めると、オリジナルグッズがもらえる企画。ぜひ参加してみてください!!

 10月12日(土)には、長岡京市で記念講演会「ヤマト王権と地域首長」(石野博信氏)も開催されます。

 大阪歴史博物館では、9月25日(水)~11月4日(月)、特集展示「新発見!なにわの考古学2013」を開催します!

 詳しくは、リーフレット、または<関西考古学の日特設サイト>をご覧ください。



プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。