スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらインターネット時代を考える






 われながら、いまさら、という感じの雑感である。

 若い学生たちが、どのように勉強するかを見ていると、やはりまずウィキペディアを引いてみるらしい。
 別に若い人たちを非難しているわけではなく、永らく百科事典派だった私でさえ、そのウィキペディアを四六時中引いている有り様である。
 なにもウィキペディアだけではない。先日聞いた話では、歴史研究で広く使われている基本史料の叢書「国史大系」も、図書館利用者向けの“ネットライブラリー”なるものが提供され始め(2011年から)、全66冊を全文横断検索できるのだという。

 検索。

 こう聞くと、ちょっと待てよ、と思うわけである(歳を取った証拠)。

 なんでも検索すりゃいいってものじゃない…

 と思ったりする。

 確かに、最近の若い人たちの研究のなかには、膨大な史料を統計的に分析したようなものも見受けられる。若い頃、書庫に籠って「カード」を取っていた身からすれば、時代も変わったなぁと思う。
 
 そんななかで、最近読んだのが、この本。


   和本3


 中野三敏著『和本のすすめ』(岩波新書、2011年)。

 いいですなぁ、と感じるのもまた歳を取った証しだろう。
 中野氏は江戸文学の碩学で、私の学生の頃から第一線で活躍しておられた。本書を読めば「和本」とは何ぞや、ということが、一目瞭然にわかる。


   和本1


 念のため、和本とはこんな本のことで、『和本のすすめ』によれば「古くは奈良朝から近くは十九世紀末辺りを境に、近代活版印刷の本にとって代られるまで、いわゆる手漉き和紙を用い、木版印刷の技法を以て出版された「板本」と、手書きのままの「写本」と、大まかには二通りの姿で営々と作られ続けた」ものである。
 ちなみに、橋口侯之介氏の定義では「有史以来、明治の初め頃までに日本で書かれたか、印刷された書物の総称」ということになる(『和本入門』平凡社ライブラリー、2011年)。
 『日本国語大辞典』のように「日本風に装丁した本。和紙を用い、和風に仕立てた本」云々とすると、それは和装本を指すことになる。

 中野氏の本の帯に「和本リテラシーの回復のために」と書かれているのは、今日、和本を読める人がごく少なくなっており、「近代主義的」ではない江戸(時代)理解のためには、あらゆるジャンルを網羅した原典である和本に接しなければならない、という意味である。

 つまり、「国史大系」はデジタル化されたけれど、百万冊以上あろうという(中野氏)江戸の和本は、デジタル化はおろか、およそ1%しか活字化されておらず、つまりは和本そのものを読めなければ時代の理解は不可能ということである。



スポンサーサイト
プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。