スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期の学芸員が来てくれて…






 今日は、連休の谷間の1日。こういう日は、案外小学校の団体がたくさん来られます。まあ、学校にいても、コドモたちは授業に身が入らないんでしょうね。
 小学生たちも、特別展「幕末・明治の超絶技巧 世界を驚嘆させた金属工芸」を見てくれました。 

 今日は特別に、そのコドモたちに、大阪市立自然史博物館の初宿学芸員が解説してくれました。初宿君は、私と同期で、専門は昆虫。つまり、金属工芸のモチーフとなったムシを専門家の目から説明してくれたのです。
 ちなみに、初宿君のウェブサイトは、こちらです! しやけのドイツ箱


 初宿学芸員


 結構、コドモたちものぞきこんでいますね。作品は小さいけれど、登場する昆虫たちはリアルです。
 そのあたりが、小学生にもグッと来たんでしょうか?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。