スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像フィルムの保存・修復






 博物館には、膨大で多様な資料が所蔵されています。これらの資料のなかには、傷みが生じたものもあります。その場合、修復が必要になります。
 たとえば、掛軸や屏風の表具(表装)の修復などは、その代表的な例です。

 私の担当する近代資料では、新しい時代ならではの特殊な傷みをもつ資料があります。
 ひとつは、紙の酸性化。ご存知の<酸性紙>の問題で、空気に触れやすい紙の周辺部からボロボロと朽ちてくる現象が起こります。終戦直後(1945年~)の紙質は極めて悪く、半世紀以上たった現在、ほとんどこの状態に陥っています。洋紙に生じる悩ましい問題です。
 修復には、<脱酸化>という手法がありますが、コストの問題から、現実には大量に脱酸化処理を行うのは困難です。

【映像フィルムの種類と素材】

 いまひとつは、映像フィルムの問題。今日は、いま取り組みつつあるこの事例ついて、少し詳しく述べてみます。
 大阪歴史博物館にも、戦前の映像フィルムが収蔵されています。これらは、一般の方が趣味として撮影したもので、家族や住まいの周辺、旅行の様子などが写されています。
 フィルムのサイズには、主に35mm、16mm、9.5mm、8mmがあり、35mmは劇映画のサイズですので当館にはありません。9.5mmは、一般にはご存知ないサイズだと思いますが、戦前家庭用に流行した<パテー・ベビー>などに用いられていたサイズです。コマ送りするための穴(パーフォレーション)が中央に付いているのが特徴です。8mmは、戦後大流行しますが、昭和初期に登場し、戦前でも用いられていました。

 いま私は、この8mmフィルムの保存・修復を検討しています。
 フィルム保存の困難さは、それが人工的に合成された化学物質で出来ている点から生じます。
 古いフィルムが自然発火する、という話を聞かれた方もいるかも知れません。事実、かつては頻繁にこの現象が起こり、映画撮影所などが爆発・炎上する事故が起きていました。これは、フィルムベースが硝酸セルロース(ニトロセルロース)で出来ていたためです。この発火性のあるフィルムをナイトレートフィルムと呼びます。1950年頃まで使用されていました。ただし、このフィルムは劇映画用なのです。家庭用フィルムが発火しては大変ですから、戦前から家庭用は不燃素材で作られていました。その素材が、酢酸セルロース(アセチルセルロース)です。

【ビネガーシンドローム】

 しかし、この素材は保存上の問題を含んでいて、時間がたつと加水分解という作用を起こして、自ずと劣化していくのです。どの程度の時間で劣化し始めるかは条件によりますが、目安30~40年位ともいわれています。つまり、戦前のこのフィルムはすべて劣化していると考えてよく、戦後に撮られたものでもそろそろ始まると考えてよいでしょう。この劣化を<ビネガーシンドローム>と呼んでいます。

 ビネガーシンドロームが始まったことは、簡単に判別できます。鼻を近づけて酸っぱい臭いがすれば、それが劣化の第一歩です。そのあと、ねばつく、白い粉を吹く、ワカメのように波打つ、ほどけない・割れる・折れるなど硬化する、といった現象が起こります。基本的に、これらの現象はどんどん進行していきますから、止めることは困難です。

【保存環境】

 そのため、劣化をやわらげる保存法を講じなければなりません。つまり、保存環境を良好にするということです。通常、博物館の収蔵庫は(資料にもよりますが)温度は20℃代前半、湿度は50~60%程度でしょう。しかし、このフィルムの場合、2℃~5℃、湿度40%前後が好ましいのです。たいへん低温で、専用収蔵庫に入ると寒いくらいの温度です。
 ふつうの博物館で、この環境を持つことはなかなか難しいでしょう。映像専門の国立近代美術館フィルムセンター(神奈川県相模原市に立派な収蔵庫がある)や、関西でも映画に力を入れている京都文化博物館などに専用収蔵庫があります。

【フィルムの実例】

 実際に、当館の8mmフィルム(昭和12~13年頃撮影)を見てみましょう。


  フィルム1


 フィルムは、このような缶に入っている場合が多いのですが、これは劣化を促進させる元になります。密閉がよくないのです。
 フィルムを出してみると、


  フィルム2


 余り劣化していないように見えます。しかし、酸っぱい臭いはします。
 しかし、巻きの内側は、このようになっています。


  フィルム3


 巻いているフィルムが「へ」の字形になっています。硬くなっているわけです。これは危ない兆候ですが、まだ映像内容は取り出せる状態ではないでしょうか。しかしこうなると、何らかの手を打たなければならない、ということになります。

【内容の保存(変換)】

 映像フィルムをビデオテープ・DVDなどに変換する作業を<テレシネ>といいます。当館でも、この変換を行ったことがあり、常設展示室で上映する「戦前のコウノトリ」や「昭和13年の阪神大水害」はこの手法でデジタル化しました。
 いまの時代だからデジタル化すればOK、とは必ずしもいえません。デジタルの記録フォーマットは時々刻々進歩していますから(フロッピーディスクが廃れたことを思い出してください)、数十年たてば再生装置もなくなり、再生できなくなってしまいます。これでは何のための変換か分かりません。それを避けるためには、その都度、新しいフォーマットに変換していく必要がありますが、手間も経費もかかります。

 現在、推奨されている方法は、フィルムをフィルムに変換する方法です。例えば、35mmフィルムを新たな35mmフィルムに移し替えるとか、16mmフィルムを35mmフィルムに移し替える(ブローアップ)方法です。
 この新たなフィルムをマスターフィルムにして保存します。そしてふだんは、そこから起こしたデジタル画像(DVDなど)を利用すればよいわけです。

 つまり、オリジナルフィルム(原資料)とデジタル画像(視聴用)の中間に、保存用フィルムを作るという考え方です。
 この方法の問題点は、中間のフィルムを作るための経費がかかることです(フィルムも安くないのですね)。
 当館では、現在これらの問題について検討しており、今年度、何本かの8mmフィルムを修復する予定です。

 
 2009年に、初めて映画フィルム「紅葉狩」が国の重要文化財に指定されました。ついで、2010年にも「史劇 楠公訣別」が指定され、映像フィルムの文化財としての価値が再認識されてきました。国や自治体、大学、企業、NPO、個人コレクターなど、多くの方が映像の保存に尽力されています。その動向や考え方については、機会があれば紹介したいと思います。
 





スポンサーサイト

tag : /映像フィルムの保存・修復

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。