スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環状線と山手線は似ている?






 前回、大阪の環状線展を見た話を書きました。

 輪になっている路線といえば、大阪環状線とともに、東京の山手線がありますね。私も東京出張などでよく乗ります。でも、なんとなく分かりにくいのですね、慣れなくて… 山手線に、京浜東北線とか埼京線とかが混じって走っているので、関西人にはちょっと“?”です。

 この山手線、いまは環状ですが、大阪と同じで、もしかすると元々は環状じゃなかったのでは? ということで、調べてみました。
 やっぱり、環状じゃなかった!

 東京に出入りする鉄道は、明治前期、いまの東海道線の起点が新橋、東北線が上野でした。
 東北線を運営していた日本鉄道は、東京の街を縦断して東海道線とつながる路線を敷設したかったのです。しかし、東京市街(いまの上野駅-東京駅-品川駅あたり)に線路を敷くとなると、家が建て込んでいて用地買収や工事も大変になります。そこで、その地域を迂回する形で、東方の山の手側にルートを取ったのでした。これが、山手線の第一歩で、明治18年(1885)のこと。品川と赤羽を結びました。

 当時、そのあたりは東京の外縁部、ひなびたところでした。例えば、そのとき開設された新宿駅。「新宿」という名は、甲州街道の内藤新宿から来た名前。宿場町だったのです。地名としても、新宿というより「角筈(つのはず)」という名が通っていました。また、駅の東には、数年後に広大な浄水場が作られます。ヨドバシカメラの名にも付いている淀橋浄水場です。

 明治36年(1903)には、池袋から東北線の田端まで線路ができ、上野まで列車が走れるようになりました。その後、大正時代には新橋-東京間にも路線が敷設されます。このとき、いまの中央線もできていたので、“「の」の字運転”が始まったのです。
 つまり、上野-田端-池袋-新宿-品川-新橋-東京-四ツ谷-新宿-中野、というルートです。「の」の字というか、「6」の字のような形ですね。


  山手線路線図 <山手線…関西人のために、ちょっと描いてみました>


 結局、上野と東京がつながって、いまのような環状運転が始まったのは、大正14年(1925)のことでした。
 大阪環状線の環状運転は昭和39年(1964)開始ですから、40年も早かったわけです。

 こうみてくると、大阪も東京も、どちらも最初は環状にするつもりはなかったこと、市街地を避けて線路を敷設したこと、環状運転の前に“「の」の字運転”をやっていたことなど、似ている点が多いですね。

 以上の記述あたっては、川島令三・岡田直『鉄道「歴史・地理」なるほど探検ガイド』(PHP研究所、2002年)などを参考にしました。この本は、タイトルのイメージとは異なって、大都市部の鉄道史を詳細かつ平易に述べていて、勉強になります。大阪のこともかなり載っていますので、興味のある方はご一読を。

 たまには東京のことを勉強するのも、都市比較になって面白いですね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。