スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電鉄系のフリーペーパー ~ 広告媒体研究 ~






 博物館の仕事で、年々重要度を増しているのは<広告>の出稿です。

 もちろん、当館のような公立博物館の場合、広告予算も微々たるものですから、当然テレビCMなどは夢のまた夢。がんばっても、地下鉄などの中吊り広告が精一杯です。

 海外展など、新聞社・テレビ局などと共催する展覧会の場合、紙面やテレビで大きく紹介され、効果は絶大、来館者も多数になります。
 一方で、博物館独自の企画で、単独で主催する場合、広報活動も広告出稿も自分たちで行う必要があります。

 ここのところずっと私が頭を悩ませているのは、どのような媒体(メディア)に広告を出せばよいのか? ということ。
 そんなわけで、日頃からいろいろな媒体に目を通しています。


   電鉄系フリーペーパー


 みなさんも、電車に乗られるとき、このようなフリーペーパーを読まれる機会があるでしょう。
 私は、いつも“お仕事モード”で読んでいます(笑) 電鉄会社によって、特徴があって面白いのです。

 【TOKK】…阪急電鉄
 関西の電鉄フリーペーパー界で、ダントツの発行部数(60万部)を誇る。唯一、月2回発行で、最も読者が多い。ページ数も多いので、情報量も多め。
 各面下に段数(高さ)の異なる広告が多数掲載される。1面下にまで広告があるのは驚き!
 宝塚歌劇の記事は、お約束。全体に、オーソドックスな編集と感じられる。

 【ホッと!HANSHIN】…阪神電鉄
 いまや阪急とグループになった阪神電鉄。しかし、フリーペーパーの発行部数は少なめだ。
 こちらのお約束は「ココ見て!阪神タイガース」。土井麻由実さんによる選手取材から構成される。8月号の記事は「兄弟って、いいよね~!」。“男前”で売出し中の藤井彰人捕手に兄と妹がいるなど、ファンでない人には“?”な内容。でも、ファンは必読だ。
 私は、終面の「今月の占い」を楽しみにしていたのだが、いつの間にか終わってしまった… この占いでおもしろかったのが“幸運の駅”。たとえば、9月生まれの人は「伝法駅」が、11月生まれの人は「深江駅」が幸運の駅など、阪神らしい駅名のオンパレードで楽しかったのだが。ぜひ復活を!!

 【K PRESS】…京阪電鉄
 大阪歴史博物館は京阪沿線(天満橋駅)ということもあって、特別展情報などを常時掲載いただいているメディア。いつも、ありがとうございます!!
 大阪と京都を結ぶだけあって、両都市のイベントなどを大きく紹介する。「京阪的 京都ツウのススメ」といった文化財解説を行う連載もある。近鉄とならんで、歴史記事の充実度は双璧。
 最近の広告では、京阪エル高架街のものがおもしろかった。お笑い芸人のサバンナ・八木がトレードマークのランニングシャツ姿で高架街を紹介するという設定。思わず、“なんで八木やねん”と突っ込んでしまう。

 【Kintetsu News】…近畿日本鉄道
 近鉄と南海のフリーペーパーは、発行部数が20万部あまりの中堅どころ。
 近鉄らしいのは、「歴史街道 人間往来」の連載。8月号では、国文学者の中西進氏が柿本人麻呂について連載を始めた。最近では五味文彦氏(歴史学者)とか千田稔氏(歴史地理学者)とか、高名な学者による読み応えのあるエッセイ揃いで、他紙と一線を画している。さすが奈良に地盤を置く近鉄の面目厄除だ。
 一方で、広告はあまり載っていない印象がある。

 【NATTS】【P+natts】…南海電鉄
 後者(ピーナッツ)に注目。難波をターミナルとする南海らしく女性向けで、表紙は若い女優やタレントを起用。
 特に気になる連載は、「恋の奥の手」というお悩み相談。未来歩さんというオネエのメイクアップアーティストが読者の悩みに答えるが、その回答が毎回傑作だ!
 8月号のお悩みは、電車で一目ぼれした男性に接近する方法は? という“そんなん無理やろ!!”的なお悩み。歩さんは、親切に「何気ないきっかけを作って、とにかく会話してみるのよ!」と、雨の日に傘をひっかけて謝ってみるなどという、奇想天外?な方法をすすめる。電鉄系とは思えない意外なコーナーで◎!!

 このほかにも、当館でもよく広告を出している「スルッとKANSAI遊びマップ」や、大阪市営地下鉄駅に設置されている「Oppi(オッピ)」など、背を綴じた冊子体のフリーペーパーもある。


 電鉄系フリーペーパーは、各社の個性もうかがえるけれど、最近どれも同じようになってきたなあ、という印象。
 オネエの人生相談みたいに、他紙を気にせず、ユニークな紙面づくりをした方が、読者も喜ぶと思うのですが。

 広告媒体さがしに悩む私は、今日もフリーペーパーを読むのでした。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。