スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古地図の羽二重餅 ~ こんな資料の利用も ~






 福井名物の羽二重餅をいただきました。


   羽二重餅


 福井県・永平寺町の製菓会社の商品です。

 よく見ると、「元禄時代 越前国福井城水路古地図」と書いてある。
 福井城のお堀と、たぶん足羽川が描いてあって、これを見ると近世の福井市街の姿がよく分かります。

 この絵図、どちらの所蔵か書いていないのですが、これを見て、「そう、こういう使い方があったな」と思ったのです。

 昨年でしたか、当館所蔵の近世の絵図を、あるホテルがテーブルに敷く“紙製ランチマット”に使ってくださったことがありました。
 A3サイズのシートですね。

 そんな使い方をすると、お客さまが食事前も食事中も、絵図を見ながら歴史談義で話が弾みますよね。
 
 古い絵図は、デザイン的にもおもしろいので、いろんな商品に活用できそう。
 博物館資料の活用法として、考えていただけると、うれしいです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。