スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとうせいこう・みうらじゅん『見仏記』最新刊、刊行される!






 このたび、いとうせいこう・みうらじゅん両氏の『見仏記 ぶらり旅篇』(角川書店)が刊行されました!


   見仏記ぶらり旅編


 「見仏記」シリーズは、これまで1~4が刊行され(文庫化もされ)、この前は『見仏記 ゴールデンガイド篇』が出版されていました。
 それから、2年半。沈黙を破って、新たな「見仏記」が!!

 「見仏記」とは、少年時代より仏像が大好きなみうらじゅん氏と、“仏友”いとうせいこう氏が、仏像見物の珍道中?を繰り広げるシリーズです。
 文は、いとう氏。ユーモラスで軽妙です。
 絵は、みうら氏。熱のこもった、仏愛あふれる筆致です。

 独特の感性で仏像を捉えるみうら氏と、それに突っ込むいとう氏との絶妙のコンビネーションがたまらなく、ベストセラーになっています。

 今回は、平城遷都1300年を期して、奈良にやってきた二人の物語です。
 大好きな秋篠寺の伎芸天を拝したり、獅子から降りた安倍文殊院の文殊菩薩像を拝んだり。
 猛暑のなか、ふうふう言いながら見仏する二人が楽しいです。

 私も今、読んでいる途中ですが、ぜひ一読をおすすめします。
 楽しい仏像の見方が広がること、請け合いです!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。