スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<モダン大阪音楽会・第2章>開催しました!






 11月25日(金)夜、特別展「心斎橋 きもの モダン」にちなんで、<モダン大阪音楽会 第2章>を開催しました!

   音楽会


 今回は、なんと展示室で!!
 美しい絵画を前に、西洋古楽と謡のコラボレーションでした。


   音楽会


 西洋古楽は、第1章に引き続き、そう楽舎のみなさん。森本英希さん、赤坂放笛さん、吉竹百合子さんです。
 謡は、金剛流能楽師の宇高竜成さんにおいでいただきました。

 クープランから始まり、おなじみの「宵待草」、そして「春の海」や「残月」など。謡「石橋」「鶴亀」もご披露いただきました。

 やはり、西洋古楽器と邦楽が意外にマッチするのに感動。
 名画を前に、名曲を聴くのも、いいものですね。

 お客さまも100名ほど来場いただき、盛況でした。


   音楽会


 バックの絵は、高橋成薇「秋立つ」(右・大阪市立近代美術館建設準備室蔵)と、北野恒富「星(夕空)」(中・大阪市立美術館蔵)です。

 特別展「心斎橋 きもの モダン -煌めきの大大阪時代-」は、12月4日(日)まで好評開催中! 

 お見逃しのないように、ご覧ください。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。