スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「摂河泉の古瓦」、開幕しました!






   古瓦展


 12月7日(水)より、特集展示「摂河泉の古瓦-採集資料からみた古代・中世の寺院-」が始まりました。


   古瓦展


 ずらっと瓦が並んでいます。

 「摂河泉」とは、摂津・河内・和泉の3国を指します。旧国名で、ほぼ現在の大阪府にあたる地域です。
 この地域には、古代から寺院が造営されており、大阪歴史博物館の古瓦コレクションにも、それらの瓦が含まれています。
 今回は、国ごとにわけて、その瓦を展示する企画です。
 今日は、いくつかご紹介。


   古瓦展


 まず、摂津。こちらは、喜連東遺跡(大阪市平野区)出土の宝塔文軒丸瓦(大阪市文化財研究所保管)。
 門外漢の私などは、このような宝塔文の瓦は見たことがなかったのですが、今回は数点展示されています。時折、出土するのですね。なかに梵字が書かれています。デザイン的にみても、おもしろいです。


   古瓦展


 次に、和泉です。神於寺(こうのじ、岸和田市)で採集された巴文軒丸瓦(上)と連珠文軒平瓦(下)です。
 神於寺は、古代から密教・修験道の山岳寺院として開かれ、縁起によると開基は役行者とされています。この瓦は、軒丸瓦が12世紀後葉~16世紀、軒平瓦が12世紀末葉~13世紀前葉と考えられています。鎌倉時代(13世紀)には伽藍が整備されたと縁起にみえるので、もしかするとその頃のものかも知れませんね。


   古瓦展


 最後に、河内です。
 智識寺跡(柏原市)で採集された連珠文軒平瓦です。智識寺は奈良時代に創建され、大仏のあった寺として聖武天皇の行幸もあり、有名な寺院です。この瓦は時代はくだるのですが、同寺のおもかげをしのばせる遺品です。

 特集展示「摂河泉の古瓦」は、来年2月13日(月)まで、大阪歴史博物館・8階にて開催中です。
 
 12月17日(土)、1月21日(土)、2月4日(土)には、いずれも午後2時より、担当学芸員による展示解説があります。
 また、1月27日(金)午後6時30分からは、担当の加藤俊吾学芸員による講座(「大阪歴史博物館所蔵 古代・中世瓦の採集地をめぐって」)があります。なにわ歴博講座として開催します(参加費200円)。

 ぜひご覧ください!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。