スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<柳 宗悦展>開幕しました!







 本日から、特別展「柳 宗悦展-暮らしへの眼差し-」が開幕しました!


   柳宗悦展


 「民芸」という新たな美の概念を生み出した柳宗悦。その収集品約370点を一堂に展示し、それらを通して柳宗悦の思想の歩みを振り返る展覧会です。

 2011年は、柳宗悦が没して50年でした。また、彼が創設した日本民藝館の開館75周年でもありました。この展覧会は、それを機に企画されたもので、展示品の多くは日本民藝館から出品されています。


   柳宗悦展

   柳宗悦展内覧会


 その収集品は、各地から集められ、琉球や朝鮮半島にまで及びました。焼物、染織品から、ハサミのような道具、そして木喰仏まで、さまざまなジャンルにわたっています。

 実際に展示を見ると、バラエティーに富んだ品々が立体的な構成のもとで陳列されており、とても“眼を喜ばす”展示となっています。
 美術・工芸がお好きな方には、ぜひご覧いただきたい展覧会です。

 柳邸の応接間(復元)です。


   柳宗悦展


 日本民藝館の杉山学芸部長によると、柳家の日常品と日本民藝館の展示とはつながっていたそうです。というのも、柳宗悦が日ごろ使っていた品物が、あるときは展示品にもなったからだそうです。


   柳宗悦展


 下の写真は、柳の自筆原稿(「南無阿弥陀仏」の原稿)。


   柳宗悦展


 思想家のリアルな息遣いを感じられます。

 昨年末、逝去された柳宗理さん(プロダクトデザイナー、柳宗悦の長男)の作品を展示したコーナーもあります。
 

   柳宗悦展


 右端は、代表作のバタフライ・スツールですね。

 
 特別展「柳宗悦展」は、2月29日(水)まで、大阪歴史博物館で開催中です。
 詳しくは、当館ホームページをご覧ください。   






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。