スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「中村順平 建築芸術の探究」はじまりました!






 新しい特集展示「中村順平 建築芸術の探究」がはじまりました。


   中村順平展

   中村順平展


 この展示は、先に開催した中村順平の特集展示の第2弾です。


   中村順平展


 中村順平は、明治20年(1887)、大阪生まれで、フランスのエコール・デ・ボザールに学び、帰国後、建築の装飾などを手掛けながら、横浜高等工業学校などで後進の指導にあたりました。

 展示では、修正跡もなまなましい自筆原稿(写真は「建築という芸術」原稿)や、スケッチ・図面などを陳列しています。


   中村順平展

   中村順平展


 私の個人的な関心資料は、「群馬県営敷島総合運動場スケッチ」でしょうか。
 なんといっても、名前しか聞いたことのないこの競技場に、一度行ってみたい…


   中村順平展 (中村文氏蔵)


 最後に、展示の章構成を紹介しておきます。

  1 中村順平の建築芸術論
  2 ボザールにおける精華
  3 建築芸術の広がり
  4 中村建築教育

 この特集展示は、大阪歴史博物館・8階・特集展示室で、5月28日(月)まで開催中です。
 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。