スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見学会に行ってきました






 4月から5月にかけて、なぜか忙しく、おまけに体調もよろしくなく、ここのところブログの更新も滞りがちでした。

 今日(日曜)も、朝からテレビ番組--有名な、みのもんたさんの朝の番組、というか「朝ズバッ!」です--の取材でした(ちなみに、明14日午前6時すぎにオンエア予定です)。
 それが終わって、ほっとひと息ですかね、いま。

 ということで、久しぶりにブログ更新です。


   大阪市パノラマ地図を歩く 配布資料


 昨日(5月12日)は、見学会「『大阪市パノラマ地図』を歩く」を催しました。参加の方は21名。同僚のN本とK本が手伝ってくれました。

 JR大阪駅(桜橋口)集合で、西梅田界隈から堂島、中之島、そして西横堀跡までがルート。ただし、おそろしくクネクネ歩きます。

 やったことは、今いる場所とパノラマ地図などを照合しながら、明治・大正・昭和初期の様子をイメージするということ。わりとシンプルな試みです。

 歩いた範囲は、直線距離でわずか1.5km。実際の歩行距離も4kmくらいだったのでは? それを3時間半もかけて歩いたのですから、結構“濃い”ですよね、これは。

 たとえば…


   大阪市パノラマ地図を歩く

   大阪市パノラマ地図を歩く


 今残っている、こんなもの(上)と昔の写真(下)を比べてみたり。
 まあ、比べて面白いのかどうか、わかりませんが…
 
 あっ、これは堂島にあった旧大阪毎日新聞本社ビルです(1922年竣工)。アバンザのところですね。現在は、西梅田に立派なビルが建っている毎日新聞の旧社屋です。ご記憶の方も多いことでしょう。

 この「パノラマ地図を歩く」、下見のときから“すごい面白いやん”と思っていたのですが、参加者の皆さんにもかなり好評でした。
 今と昔を比べるという単純な試みですが、そこから意外な歴史的世界が立ち上がって来て、妙に興味津々、そして勉強になるんですね。

 聞くところによると、いまパノラマ地図ブームみたいで、某所の講座も満員だったとか。
 この見学会も、定員20人ところ、90人の応募があって、われながらびっくりしています(ご希望に添えなかった皆さん、ごめんなさい)。

 秋にも、またやる予定です。
 アンケートでは「船場」をやってほしいという声が一番多かったです。私個人は、西の方も面白そうな気がしています。
 とりあえず、そのどちらかで考えましょうか。
 それとも両方やりますか!?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。