スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴映画!「テルマエ・ロマエ」を見る






   テルマエ・ロマエ


 遅ればせながら、映画「テルマエ・ロマエ」を見ました。
 今年の初め頃から、早く見たいと楽しみにしていた作品。平日の夜でしたが、百人くらいのお客さんで盛況。私は2組のカップルに挟まれながら見ました(笑)
 出だしから、期待させる導入です。

 キャッチフレーズは、“時空を超えた入浴スペクタクル”。

 古代ローマ時代のテルマエ(公衆浴場)技師・ルシウスが、“平たい顔族”の風呂にタイムスリップして、そのアイデアをローマで実現。斬新な風呂を次々に作り、絶賛されるという物語。平たい顔族とは、もちろん現代日本人です。

 銭湯が登場する映画はたまにありますが、ローマの浴場と日本の風呂とを行ったり来たりするという構想は、奇想天外ですよね。原作は漫画です。

 シリアスにコメディを演じさせたら右に出る者のいない阿部寛が主演。平たい顔族の模倣しかできない自分に苦悩するルシウスを巧みに演じています。対するハドリアヌス皇帝には、市村正親。この重要な二人がはまり役なので、安心して見られます。
 脇の出演者も(詳しくは伏せますが)、とてもおもしろい!!

 私は、抱腹絶倒で泣きながら見ました(笑)

 興味深いのがオープンセット。イタリアでロケをしているのですが、古代ローマの建物に目を見張るのです。
 ペディメント(破風)やオーダー(円い柱列)に彩色がされているのです。
 私などは、ギリシア・ローマの建築というと、いま残っているように石の地色(白っぽい)だと思っていたのですが、柱を朱色に塗ったりしている。そのセットが、とても新鮮です。

 そういえば、日本でも、古代の寺院は、いまは古色蒼然でも、かつては朱に塗っていたものがありますし、仏像なども極彩色だったりします。それと共通性を感じさせます。

 この映画、おもしろいと思うかどうかは個人の趣味という感じですが、私は久しぶりに大笑いし、期待に違わぬ怪作だと思いました。意外に映画センスもいいですしね。

 お暇のある方は、ぜひ!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。