スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝! 通天閣100周年






 なんと、今日は通天閣(初代)ができて100周年の記念日です!

 明治45年(1912)7月3日に初代通天閣が開業しました。


   通天閣絵葉書
   初代通天閣絵葉書(大阪歴史博物館蔵)
   昭和初年頃の風景です


 明治中期に、すでに大阪には「五階」(眺望閣)とか「九階」(凌雲閣)といった塔が建てられ、30mから40m程度の高さを誇っていました。また、東京には関東大震災で倒壊した「十二階」(凌雲閣)が建っていました。
 設楽貞雄が設計した通天閣は75mあったともいわれていて、高さにおいても最高級でしたが、なんといっても、鉄骨組みのフォルムが珍しかったと思われます。パリのエッフェル塔を彷彿とさせる鉄骨塔は日本で異例の構築物でした。
 エレベータが付いていたのも、当時としてはおもしろかったのでしょう。明治末といえば、まだエレベータを備えた高いビルは市街地にはないですから、エレベータに乗ることはちょっとエクセレントな体験でした。

 初代通天閣は、昭和18年(1943)、火災により焼損し解体されます。しかし、戦後に二代目通天閣が建設されて、現在まで歴史をつないでいます。
 それで今日が100周年の記念日なのですね。

 「塔博士」内藤多仲が設計した二代目通天閣(1956年竣工)も、初代と同じく鉄骨が目立つ塔です。
 その一方、8年後にできた京都タワー(山田守設計)は、対照的に鉄骨を用いない白い筒状のフォルムをしています。
 
 地元の熱望で再建された通天閣と、建設前から“古都の破壊”とも批判された京都タワー。いまでは両者とも街に溶け込んでいるように思えますが、形や来歴は好対照です。
 大阪と京都という両都市の性格の違いや、市民気質の違いがうかがわれて興味深いですね。

 大阪にいても意外にのぼらない通天閣ですが、100周年を期に、久々にのぼってみましょうか。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。