スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博物館も<節電>に取り組んでいます






 今年も「節電の夏」がやってきました。

 大阪歴史博物館でも、節電に取り組んでいます。


   節電


 展示室の裏側にある照明スイッチです。
 写真のスイッチは、エスカレータ周辺の電灯をオン・オフするためのものです。

 左の列に「節電」「消灯」のシールが貼ってあります。つまり、以前は点けていた照明を全部消しているわけです。
 来館されて気付かれると思いますが、エスカレータまわりはほとんど消灯しています。

   節電
     点灯したところ
 
     消灯しました!
   節電


 まあ、少し暗くなるくらいで、外光が入ってきますから大丈夫ですね。
 このほか、休憩スペースや通路なども、かなり消灯しています。

 大阪歴史博物館では、照明のほかにも、空調管理やエレベータ・エスカレータの運転等で節電を実施しています。
 ここ5年ほど節電に取り組んでおり、着実に電力使用量を減らしています。
 たとえば、先月(2012年6月)は、前年同月比16%マイナスでした。昨年もかなり節電しましたから、相当の努力といえるかと思います。

 博物館は、フロア面積も広いですし、博物館資料を収蔵・展示するという施設の性格上、空調や照明にも特別な気をつかいます。
 ちなみに、展示室が暗い、寒いというご指摘を受けるのですが、これも展示資料を保全するための設定ですので、ご理解いただけるとありがたいです。

 本格的な夏を前に、節電を意識しながら運営に取り組んでいきます。ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご協力お願いします。

 なお、今月と来月は、<家族でお出かけ節電キャンペーン>に参加しているため、常設展示観覧料が割引になっています!
 常設展示には、特集展示や特別企画展「大阪を襲った地震と津波」も含まれます。

 ぜひご来館ください !!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。