スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「新発見! なにわの考古学2012」、始まりました!






 水曜日から、特集展示「新発見! なにわの考古学2012」がスタートしました !!


   なにわの考古学


 最近の発掘成果を紹介するこの展示。毎年の恒例行事ですが、今年は次のような構成になっています。


   なにわの考古学


   1 大阪のあけぼのから難波宮の出現

   2 古代都市から中世社会へ

   3 太閤秀吉の城と城下町

   4 幕藩体制と大坂

   5 江戸時代大坂の土製玩具

 
   なにわの考古学
   難波宮関係の展示(重圏文軒丸瓦など)


   なにわの考古学
   蔵屋敷関係の展示(高松藩蔵屋敷跡の青磁など)


   なにわの考古学


 今回驚かされたのは、この膨大な! 土製品でしょうか。土人形に加え、ままごと道具やメンコなどがあります。


   なにわの考古学

 
 これは、箱庭に使うさまざまなパーツ。江戸時代のものです。橋、船、倉、塔、鳥居など。
 私も、こどものころ箱庭を作ったことを思い出しました。

 大阪に住んだ人たちの長い時代にわたる歩みが、豊富な出土品で確かめられます。
 
 この展示は、10月22日(月)まで、ロングランで開催しています。
 ぜひご観覧ください!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。