スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学芸員の友 (1)






 学芸員の仕事で、“これはよく使うなぁ”という道具や品物がありますよね。
 今回から不定期で、それを「学芸員の友」と名付けて、思いつくまま紹介していきたいと思います。

 記念すべき第1回は、両面テープ≪マサルのマヂックステッカー≫です。


   マヂックステッカー


 マサルのマヂックステッカー。「マジック」でなく「マヂック」。

 ポスターをはじめ、ハレパネなど、いろいろなものを貼り付ける際に、グッとくっついて離れず、とても重宝する品。
 ふつうの両面テープと違い、かなり肉厚で、粘着力が強く、まさにマヂック!


   マヂックステッカー
   マヂックステッカー
   めくったところ。分厚い

 たとえば、このようなポスター貼り替えに威力を発揮しています。


   ポスター張替
   白い横長のテープが≪マサルのマヂックステッカー≫

 
 はさみを使わなくても手で切れるので、作業のとき便利です。


 ところが、このテープ、実はこんな用途のために製造・販売されているものではないのです。
 マサル工業は、電話のケーブル保護カバー「ワイヤプロテクタ」の製造から始まった会社ということですが、その保護カバー(配線カバーというらしい)を床にくっつける両面テープが、このマヂックステッカーなのです。

 私たちも、最初は何の意識もなくこのテープを使っていたのですが、いつの頃か「床用」「ワイヤプロテクタ取付用」などと書いてあるのを見て、なんだろうか?、もしかして目的外使用をしているのでは? と疑問に思い始めたのです。

 今回調べてみて、本当の用途が判明した次第。

 でも、それはそれとして。
 これからも心強い味方≪マサルのマヂックステッカー≫で、いろんなものを貼り続けます!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。