スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難波宮跡からトウゴマ(ヒマ)の種子が出土






 共同通信が配信したニュースで、大阪文化財研究所(大阪市博物館協会)が行った難波宮跡の発掘調査で、薬用植物トウゴマ(ヒマ)の種が出土していたことが、報道されました。

 ヒマというと聞きなれないのですが、“ひまし油”というと聞き覚えのある方も多いはず。トウゴマの種子から採る油だったのですね。

 詳しくは、こちら。



   難波宮跡でアフリカ薬草の種


 発掘に携わった大庭重信学芸員のコメントも掲載されています。うちの同僚に聞いてみると、丁寧に土を洗いにかけて調べていると、こういう種子も発見できるということで、地道な調査の成果ですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。