スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにわ歴博講座のご案内






 少し暖かくなってきましたね。大阪城の梅も、そろそろ見頃です。観梅のお帰りに、当館にお立ち寄りくださる方も増えています。

 今日は、講座のご紹介です。

 なにわ歴博講座-3月 春の講座-「学芸員のさまざまな研究から」

 金曜日に開催します。演題は、こんな感じです。

  3月4日  和辻哲郎と考古学者
         -『日本古代文化』にあらわれた論説の変化と考古学者-(伊藤 純)
  3月11日  中世大阪の道 再考(大澤研一)
  3月18日  明治・大正の観光コースを踏破する(船越幹央)
  3月25日  江戸幕府は“王権”か?
         -中国・朝鮮・越南・琉球との比較から-(井上智勝)

 初回の伊藤純学芸員の話、おもしろそうです。
 伊藤学芸員は、ここ1、2年、和辻哲郎の古代文化観について考察しています。大正8年(1919)に発表された『古寺巡礼』は、和辻が二十歳のときの著作。私も岩波文庫で読んで、情熱にあふれる文章だなぁ、と思った記憶があります。
 ところが、初版は岩波文庫版とはずいぶん違うらしい。同じく『日本古代文化』も、版を重ねるごとに内容が変わるといいます。和辻は、自身の考えの変化にともなって、著作に手を入れていったそうなのです。
 今回の講座では、そのあたりの詳細や、考古学史との関係が聴けそうです。楽しみですね。

 詳しくは、大阪歴史博物館ホームページをご覧ください。


   大阪歴史博物館ホームページ


 会 場:大阪歴史博物館  4階 講堂
 時 間:午後6時30分~7時45分(開場:午後6時)
 参加費:200円
 定 員:250名(当日先着順)
 受 付:申込みは不要です。直接会場へお越しください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。