スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージアムの現状を伝える1つのニュース






 広島県を中心に発行されている中国新聞に、こんな記事が掲載されました(2012年12月6日付)。


 広島市中区の広島県立美術館は5日から、これまで外部委託してきた展示室の監視員の一部を学芸員で担う異例の経費節減策を始めた。本年度、入館者が伸びず赤字が膨らんだため。美術関係者からは「学芸員本来の仕事を妨げ、悪い前例になる」との指摘もある。

 当面は5日開幕した「永田萠―夢みるチカラ展」だけで実施。来年1月14日までの会期中、展示室内での監視員を、学芸員7人が交代で1日4時間、週に2、3回をめどに担う。総務系職員の3人も交代で入る。

 本年度は4~6月の特別展「平清盛」などが不入りで、上期の収支が約1500万円の赤字に。県が経費節減を強く求め、人材派遣会社に頼んできた監視員の一部を初めて自前で担うことにした。約70万円の節減になる。今後も下期の入りを見ながら対策を講じる。

 学芸員は博物館法で「資料の収集、保管、展示及び調査研究」などに当たる専門的職員とされる。359館が加盟する全国美術館会議事務局(東京)は「少なくとも県立規模の館では聞いたことがない事例」と話す。岡山県立美術館の鍵岡正謹館長は「調査研究に励み、いい展覧会をつくるのが学芸員の仕事。大変悪い前例になる」と疑問を呈した。

 広島県文化芸術課の坂井浩明課長は「入らなかったから仕方ない、では済まない時代。来館者の声に直接触れる機会に生かしてほしい」と話す。

 同県立美術館の越智裕二郎館長は「緊急対策として取り組むが、地域の文化をどう支えるかの視点で、県と今後をよく話し合いたい」としている。

 美術館や博物館の経営論が専門の佐々木亨・北海道大教授の話
 緊急対策であっても驚きで、赤字と連動した制度化はするべきでない。一方で学芸員は住民に向け、収支だけでは測れない美術館の価値があることを企画の内容でいっそう発信する必要がある。  (中国新聞2012年12月6日付)


 広島県美は、広島駅から徒歩10分ほど、名勝・縮景園に隣接して建っています。私も昨年、「ウクライナの至宝」展が同館で立ち上がったときに訪れました。広々とした展示室で、ミュージアムグッズなどもたくさん売っていて、レストランもあって、気持ちよい美術館でした。
 特筆しておきたいのは、その「ウクライナの至宝」展が、実によく計画・工夫・配慮された展示ぶりで、担当学芸員の方(存じ上げませんが)に深く敬意を表したくなる展示会場でした。

 このニュースは、ネット上でも話題になっていて、実にさまざまな声が出ています。
 みなさんは、どう思われますか?
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。