スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

know how から know why へ






 今年も一年間、若い人たちに、いかに「ものの考え方」を身につけてもらうか、随分苦労した。
 中学・高校の教育は、どちらかというと知識を教えるパターンが多く、自らものを考えさせるといっても、その考え方自体も教えることが多い。しかし、“どのようにものを考えるか”という方法を自ら考えることが大切なのだ。

 暮れに新聞を読んでいたら、「失敗学」で知られる畑村洋太郎氏が“know why”が重要だと指摘されていた。その行為を「なぜやるのか」という理由をつかむことが大事だという。
 これまで、教育や仕事で、ノウハウ(know how)が大切だと盛んに言われてきた。あることを「どうする」と出来るようになるか、ということだ。この方法だと、やり方を覚えてしまうと、そのことについては円滑に実行することができるが、すこしズレた応用問題は解けないことになりかねない。しかし、「なぜやるか」を常に考えていると、応用の場面に出くわしても自分で考えて対処することができる。まさに今、この know why が重要だと思われる。

 仕事をしていても、ルーチンワーク(いつもやる決まり切った仕事)はスムーズにできても、新しい問題には対処できないケースが多い。その理由は、実践力の欠如に由来することも多いが、根本には「なぜ」を考える力の不足に依ることが多い。初めて遭遇する場面では、自ら考え、動いて対処することが不可欠だ。
 そして、「なぜ」を考えることと、自ら動いて実践することとは、車の両輪といえる。それらの力は、セットで身に付く。「なぜ」を考え続ければ、自ずと体が動いて問題解決に向かうことができる。体を動かして対処していると、自然に「なぜ」を考えるようになる。

 ひと昔前、「指示待ち族」という言葉がはやったことがあった。その流行から、もう30年余りが経つという。つまり、いま組織にいる人たちのほとんどが「指示待ち」後世代なのだ。これはある意味、どの組織も危機的な状況に陥る種をはらんでいるといえる。多くのメンバーが自ら考えることを止め、指示待ちになったとき、それは“組織の思考停止”につながる。
 現在のデフレ社会は人びとのモチベーションを削ぎ、自ら考える意欲を摘んでいるようにも思える。自分自身も、その弊を免れないと感じる。新年は、そこから脱して、 know why を心掛け、仕事を創造していくことができるだろうか。公私ともに、その力が求められる年になる兆しがある。

 2013年。あなたは自分のなかの何に“why”と問い掛けますか?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。