スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の大河ドラマは、新島八重!





   NHK大河ドラマ「八重の桜」


 今年も始まりました、NHK大河ドラマ。

 昨年の「平清盛」は6月頃までは録画しつつ見ていた私ですが、だんだん録画がたまっていき、その果てに… という状態でした。
 今年は、会津に生まれ、幕末・明治期に活躍し、同志社大学の創始者・新島襄の妻としても知られる新島八重(山本八重)が主人公です。

 主演は、綾瀬はるかさん。彼女は、いわゆる“天然”キャラとして知られていますが、お芝居もなかなか悪くないですよ。わたし的には、少しだけ鼻にかかったような声質が得難いと思います。今回の大河では割と勇ましい役で、戦場の場面も多々ありそうですが、そのあたりをどうこなすかが楽しみです。

 6日(日)の初回の放送、視聴率は関東21.4%、関西19.2%でした。子役の女の子(鈴木梨央)が気丈でなかなか良かったのと(もう出ないでしょうけれど)、砲術をめぐる山本家の人びとや佐久間象山とその門下生など、楽しめる内容でしたね。新島襄もワンカットだけ出てきました。
 このドラマの焦点のひとつは、八重の兄である山本覚馬(西島秀俊)。そして藩主・松平容保(綾野剛)。このあたりに注目しながら見ていきたいと思います。

 歴史の勉強としてもためになるので、ぜひご覧ください!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。