スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝も昼も講座






 今日(1月19日)は、午前も午後も講座が開催されました。

 午前は、古文書講座。


   P1090721_convert_20130119144753.jpg


 昨年度に引き続き、当館と大阪市立大学が協力して開催しているもので、今年のテーマは「大坂の町と仲間」。
 5回連続講座の第1回が開催されました。当館の八木学芸員が講師でした。資料も充実。


   P1090715_convert_20130119144710.jpg


 以前より古文書学テキストとして模索されている『史料から読む近世大坂(試行版Ⅱ)』が配布され、講座が行われました。
 50名近い方が古文書解読に取り組まれ、熱気のある講座でした。
   

 午後は、当館と大阪市教育委員会が共催する「大阪の歴史再発見」の第1回が行われました。
 ただいま開催中の特集展示「平成22・23年度 大阪市の新指定文化財」にちなんで開催しています。

 講師は、『大阪の橋』などの著書がある松村博さん。「大阪の近代化と本町橋」と題して、大阪市指定文化財の本町橋について、近代の町づくりや他の橋梁などにふれながらお話いただきました。


   P1070308_convert_20130119144846.jpg


 約120名の方が熱心に聴講されました。

 私はといえば、午後3時から、毎日行っている「難波宮遺跡探訪」の当番で、約40分間お客さまをご案内しました。外に出ると風が冷たくて、ちょっと大変でしたが…

 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。