スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難波宮跡発掘調査の現地説明会に行ってきました





   DSC_0481_convert_20130120151652.jpg


 今日(1月20日)は、昨秋から行われていた難波宮跡の発掘調査の現地説明会があったので、見に行ってきました。
 
 写真は、現場を南から見たもので、発掘に携わった当館学芸員が解説しているところ。
 南北に長いトレンチの南端に、幅約7.2mの土壇が発見されました。


   DSC_0482_convert_20130120151732.jpg


 こちらは北から見たところで、建物を解体する際に残したとみられる大量の瓦の散乱が見られます。

 新聞には、「後期難波宮で回廊跡出土 孝謙天皇滞在の『東南新宮』一部か」(産経、2013年1月17日付)などと報じられました。
 この幅広い土壇は、回廊の壇だと推測されます。これまでの発掘調査の知見とあわせて考えると、後期難波宮の内裏の東南に、南北120~130m、東西85m程度の回廊がめぐっていたことが分かってきました。
 平城宮などでは、この位置に筆頭官衙である太政官が置かれていたそうですが、今回の発見は回廊を伴うことから、より格式の高い建物があったのではないかと考えられます。
 そこから推測すると、可能性のひとつとして「続日本紀」にみえる「東南新宮」であることが想定されるというわけです。

 詳しくは、<大阪文化財研究所ホームページ> をご覧ください!

 考古学には門外漢の私ですが、現地で説明を聞いてよく理解できました。
 みなさんも機会があれば、現地説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか。


※難波宮跡(NW12-6)発掘調査の現地説明会(大阪市教育委員会・大阪文化財研究所・大阪歴史博物館)は、1月20日に終了しました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も現地説明会に行きました

20日の現地説明会に私も参加致しました。
こういう説明会に参加するのは初めてなので1人で興奮しておりました。
なかなか思うような良い写真が撮れなかったのですが、ブログ主様のアングルを見て、このように撮るのかと感心しております。
ブログも初心者で、初めてトラックバックをさせていただきます。

Re: 私も現地説明会に行きました


 「なにわ歴博ブログ」をご覧いただき、ありがとうございます。

 20日の説明会は同僚たちが掘った成果ということもあり、見に行きました。
 写真は、ほんとうに適当に撮ったもので、お褒めいただき汗顔の至りです。

 大阪市内・府内では、いつも多くの発掘調査がなされており、興味深い成果も上がっています。
 新聞や大阪文化財研究所、大阪府文化財センターのホームページをご覧いただくと、現地説明会の日程が分かりますので、またご参加ください。

 ブログの方も、よろしくお願い申し上げます。
 取り急ぎ、御礼まで。

    大阪歴史博物館 企画広報課 船越
プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。