スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築史探偵団の下見を行いました






 毎回好評の見学会「建築史探偵団」。建築担当の酒井学芸員を中心にプログラムを作成しています。

 今回は2年ぶりの開催ということで、先日、兵庫県加古川市・高砂市へ下見に行ってきました!


   建築史探偵団


 加古川の流れは美しいですが、この日は朝から薄っすら積雪し、とても寒~い一日でした !!
 それでも、昼休みを挟んで、みっちり6時間、見て回りました。


   建築史探偵団


 このあたりは、小さな近代建築が多いのですが、今回最大の建物のひとつ、市立加古川図書館です。元は加古川町の公会堂でした。
 難波宮の発見にも関与した置塩章の設計で、昭和10年(1935)の竣工。置塩氏の建物によく見られるゴチックの意匠がちりばめられています。

 加古川は、ニッケ(日本毛織)が明治32年(1899)に主力工場を置いたことで、産業の町として発展を遂げました。今回の見学会では、その記憶をたどることもできそうです。


   建築史探偵団


 工場敷地には、ショッピングセンターもできていて、これは煉瓦造の建物を活用したカラオケ店!
 「レンガ館」という名前なんですね。

 そして高砂。
 “た~か~さ~ご~やぁ~”という謡曲「高砂」で知られる町。
 建築史の関係では、外壁材などに用いられる竜山石の産地としても有名ですね。

 町家・蔵・寺社など、古い町のおもかげが、よく残っています。


   建築史探偵団

 
 <建築史探偵団2013>は、現在プログラム作成中で、3月に実施予定です。
 2月になりましたら、当館ホームページなどでお知らせします。
 
 ご期待ください!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。