スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別展「天下の城下町 大坂と江戸」、始まりました!






   天下の城下町 大坂と江戸   天下の城下町 大坂と江戸


 いよいよ始まりました、特別展「天下の城下町 大坂と江戸」。

 豊臣秀吉の大坂と徳川家康の江戸をあわせて取り上げる展覧会。絵図、屏風、古文書、出土資料など、バラエティに富んだ展示になっています!

 第1章は<織田信長の城と城下町>。


   天下の城下町 大坂と江戸

 
 信長が手がけた小牧城、岐阜城、そして安土城を出土品や絵図で紹介します。

 つづく第2章は<「天下の城下町」の誕生~豊臣秀吉の城と城下町>。


   天下の城下町 大坂と江戸

   天下の城下町 大坂と江戸


 秀吉による大坂城の築城を中心に、京都の聚楽第や伏見城、さらに肥前名護屋城などについても取り上げています。
 当館所蔵の京・大坂図屏風のうち大坂図(写真下)も展示中!


   天下の城下町 大坂と江戸

   天下の城下町 大坂と江戸


 城下の人びとが使っていた陶磁器なども展示 !! 志野や織部などの桃山陶磁(写真上)や、マジョリカ陶や大皿(写真下)も見どころです。

 第3章は<新しい「天下の城下町」~徳川の江戸>です。
 徳川家康による“天下普請”を多彩な絵図や出土品で紹介しています。


   天下の城下町 大坂と江戸


 写真は、江戸城北の丸などで出土した遺物。国内の陶磁器のほか中国製陶磁も発掘されています。

 そして第4章<「天下の城下町」から「天下の台所」へ~徳川の大坂>。
 徳川による大坂城築城や町の整備について、文書や絵図で詳しく解き明かします。


   天下の城下町 大坂と江戸


 今回の展覧会は、細かい出土品なども入れると約400点も資料が展示されていて、見どころも満載です!
 絵図や地図がお好きな方、考古学・出土資料に興味がある方には、必見の展覧会といえるでしょう。
 もちろん、大阪という町の成り立ちについて知るためにも、ぜひご覧いただきたい自主企画です。

 特別展「天下の城下町 大坂と江戸」は、3月25日(水)まで開催中です!
 

   天下の城下町 大坂と江戸




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。