スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「和田呉山と仏の絵画」はじまりました!






 特集展示「和田呉山と仏の絵画」が、2月27日(水)スタートしました。

   
   P1070871_convert_20130227161649.jpg


 江戸時代の大坂出身の絵師・和田呉山(1800~1870)を紹介する展示です。
 呉山は、円山応挙の高弟・森徹山に師事し、のち僧侶となって八尾の長栄寺や京都の神光院で修行して、仏教を主題とした絵画を描きました。


   P1070872_convert_20130227161738.jpg


 展示は、次のような構成になっています。

  1 江戸時代の上方における仏の姿

  2 呉山の仏

  3 さまざまな呉山の作品

  4 呉山の交流

 呉山が描いた釈迦如来像、観音風神雷神像、地蔵菩薩像や山水図などを展示するとともに、呉春、伊藤若冲、紀広成、狩野永泰、冷泉為恭らの作品も展示します。


   P1070874_convert_20130227161825.jpg


 和田呉山は、幕末においても名の知られた絵師で、当時の「浪速諸流画人名家案内」にも、森一鳳らとともに、淀屋橋「和田呉山」と登場しています。


   P1070881_convert_20130227161909.jpg

   P1070883_convert_20130227162152.jpg 中央に「和田呉山」の名が…


 特集展示「和田呉山と仏の絵画」は、4月8日(月)まで開催中。
 柔らかな線で描かれた仏の絵画を、ぜひお楽しみください!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。