スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見学会の準備中です





 恒例の見学会「建築史探偵団2014」は、今週と来週の開催です。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。抽選となり、すべてのみなさまのご希望にそえなかったことをお詫び申し上げます。

 さて、いよいよ週末に本番が迫ってきたので、今日は午後遅くから“おさらい”に行ってきました。


   本町ビル
     本町ビル


 先日すでに、S学芸員、I学芸員と3人で下見に行ってきたのですが、今日はひとりでじっくり観察してきました。

 事件捜査ではないですが、やっぱり“現場百遍”だと思いました。
 初めて案内するビルはもちろんですが、これまで何度も案内してきた建物でも、新しい発見がたくさんありました!
 時間が許す限り、現地で見るに越したことはありません。

 最近は、観察し始めるとずいぶん時間を要するようになり、結局、少し省略しながら見ていったのですが、3時間もかかってしまいました…… そのせいで、淀屋橋にたどり着いたときは、もう真っ暗(涙)
 極寒のせいか?、途中でカメラも電池切れ! になって最悪でしたけれど、かなりおもしろかったのは事実。

 今日は、ひらめくところがあって、「窓」に着目して観察してみました。といっても、窓の形やデザインを見たのではなく、外観全体における窓の構成とその工夫について、登場する建物を比較しながら見ていったのです。
 これが結構楽しかった!!

 あとは、やはり細部を見る喜びですね。
 上の写真の本町ビルも、全体のフォルムや屋上の構築物に目が行きがちですが、ディテールは意外にこだわっているのですね。隠された意匠もあって、なかなかの曲者のようです。


 でもやっぱり、村野藤吾は素晴らしいですね(笑)


   フジカワ画廊
     フジカワ画廊


 堺筋にあるフジカワ画廊。
 ガラスブロックやタイルを用いた外観がステキです。
 もちろん、細部も充実。


   フジカワ画廊
 

 ドアの取っ手です。
 いつもながらの凝りようで、ファンには泣けてきます。
 今日は、フジカワ画廊に着いた時点でかなり暗かったけれど、かえってガラスブロックが光って綺麗でした!

 ということで、着々と準備中です。
 当日は雨の予報も出ていますが、しっかりとご案内したいと思っています。


 (この催しの募集は終了しています)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。