スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集展示「上方舞・山村流」 オープンしました!






 特集展示「上方舞・山村流」が、本日オープンしました!


    山村流3


  山村流は、江戸時代にはじまり、<上方舞四流>のひとつに数えられる大阪の舞踊の流派です。今回は、当地ゆかりの舞の世界を、山村流のご協力をたまわり、紹介する展観です。


   山村流2


 展示は、次のコーナーから構成されています。


  *流祖・初代山村友五郎の時代

  *歌舞伎舞踊と山村流

  *近代の山村流

  *地唄「雪」と流石庵羽積


 下の写真は、<近代の山村流>で展示している衣裳です。


   山村流1


 大阪の画家・菅楯彦(すがたてひこ)がデザインした着物だそうです。楯彦の夫人は、以前このブログでも紹介した南地・富田屋の芸妓・八千代。彼女もまた、山村流だったのですね。この着物は、八千代さんが二代目山村友を襲名する妹弟子・豆奴に贈ったもの。写真では分かりづらいですが、細かい絞りのついた華やかな衣裳です。

 このほかにも、興味深い資料が多いので、追々紹介していく予定です。
 
 展示は、5月23日(月)まで、大阪歴史博物館・8階・特集展示室にて開催中です。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。