スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<建築史探偵団2014>行いました!





   見学7


 毎年行っている近代建築の見学会「建築史探偵団」。もう15年くらい続けていると思うのですが(笑)、今年度も先々週と先週に開催しました。

 今年は、大阪市内コースと京都コース。
 大阪では2つ、京都では1つ、建物内を特別に拝見しました。


   見学2
    京都芸術センターの館内見学

 
 先週訪れた京都芸術センターは、かつては京都市立明倫小学校でした。


   見学4
   京都芸術センター(旧明倫小学校)


 祇園祭の鉾町である明倫学区。閉校になっても、地域の方がたが学校に注いだ愛情が伝わってくる校舎です。
 館内をぐるっと見学させていただきました。


   見学3


 今回のテーマは、近代建築の保存と再生ということで、多くの事例に接しました。
 大阪では、心斎橋筋の三木楽器や堺筋の生駒ビルの建物内を拝見し、船場の建築をめぐりました。
 京都では、芸術センターの館内見学のほか、中京郵便局や京都文化博物館(旧日銀京都支店)、京都国際マンガミュージアム(旧龍池小学校)など、多くの再活用事例を学ぶことが出来ました。
 見学にご協力いただいた関係各位に改めて御礼申し上げます。

 これからも、先人が造り伝えてきた貴重な建物の保存と活用について考えていきたいと思います。
 


特別展「変わり兜×刀装具」、ご来場ありがとうございました






 特別展「戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具」は、12月8日(日)をもちまして終了しました。
 多数のご来場、御礼申し上げます。

 次回は、新年1月15日(水)より、特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」を開催します。
 ご期待ください!


<関西考古学の日2013>はじまりました!






   髢「隘ソ閠・商蟄ヲ縺ョ譌・172_convert_20130831111419


 今年で6回目を迎える<関西考古学の日>。

 好評のスタンプラリーも、9月1日から始まりました!
 大阪歴史博物館を含むスタンプ対象施設のうち8施設のスタンプを集めると、オリジナルグッズがもらえる企画。ぜひ参加してみてください!!

 10月12日(土)には、長岡京市で記念講演会「ヤマト王権と地域首長」(石野博信氏)も開催されます。

 大阪歴史博物館では、9月25日(水)~11月4日(月)、特集展示「新発見!なにわの考古学2013」を開催します!

 詳しくは、リーフレット、または<関西考古学の日特設サイト>をご覧ください。



7月です!






 7月になりました。

 梅雨のさなかなのに、もう夏本番のような暑さですね。
 歴史博物館では、7月になると海外からの来館者が特に増えます。

 今日も、1階で韓国からお越しの学生さんに、英語で尋ねられたのですが、肝心のキーワードだけが韓国語なので分からないのです!
 どうやら「大阪城天守閣」のことを言っておられると分かったのですが、なかなか難しかったですね。

   
   螟ゥ螳磯魅縺ョ螟・65_convert_20130630114736 (イメージ)

 
 ということで、大阪城天守閣と大阪歴史博物館(常設展)の2つが見られるお得なセット券をご紹介!


   螟ゥ螳磯魅繧サ繝・ヨ蛻ク166_convert_20130630120112


 <大阪城天守閣・大阪歴史博物館(常設展)セット券>です。

 お値段は、900円!

 この機会に、ぜひお試しください!!

 

観光と博物館






 昨日(6月29日)帰宅後、たまたまテレビをつけたら、NHKで「シリーズ日本新生 "観光革命"がニッポンを変える」という番組をやっていた。パネリストが多くて少し散漫な印象を受けたが、国内はもちろん、韓国やイタリアなどでの観光客誘致の取り組みを多数紹介していた。後半は、一見「観光資源がない」と思われる地方の地域に、どのように観光客を呼び込むかというテーマだった。日本では、三重県伊賀市の“忍者”を活かした海外ツーリスト対策がリポートされていたし、イタリアでは“死にゆく町”というマイナスイメージを逆手に取った過疎の町・チビタを紹介していた。

 最近では、町並みや食はもちろん、さまざまな特化したジャンルで観光客を呼び寄せることが可能になっている。たとえば、北海道のある地域ではオーストラリアからスキー客が多数訪れているし、東北のある町ではゴルフをするために韓国から大勢の人たちがやってくるという。番組では「ニッチ(隙間)」という言葉も使っていたが、小さくてもよいから他にはない自己の得意分野を活用する戦略である。

 一方で、これは国全体の話になるが、星野リゾートの星野佳路氏が持論である“休日の分散化”について述べておられた。日本では、ゴールデンウィークや盆と正月などに観光客が集中する。反面、ふだんの平日は閑散としている状況がある。
 当館でも、特別展開催中は多数の来館者が訪れるが、その狭間は閑散としている日がないわけではない。昨日、私は<常設展示解説>と<難波宮遺跡探訪>の2つの解説を行ったが、いずれも参加者は1人だった。それでも、常設展示の入館者は500人以上になっており(加えてシンポジウムで多数の参加者があった)、旅館業などの観光産業に比べれば、繁忙期と閑散期の落差は少ないといえる。

 番組中に話題になったことのひとつに、日本の観光ポスターは「これが見られるよ」といった写真(富士山、金閣寺、雷門……)を使うことが多いが、それではダメで、「こういった体験ができるんだ!」というPRが必要だという点だ。
 妙心寺のお坊さんは、海外の方を甲子園球場に連れて行くと、とても感激されると話しておられた。“六甲おろし”の合唱、ジェット風船、思わず吹き出してしまうヤジ……、それらのすべてがグレートな体験というわけである。お坊さんいわく、野球自体では本場アメリカに負けてるかも知れないが、観戦体験としては甲子園の方がすごい、と。
 このような<体験>に軸足を置いた方策は、今後ますます大切になってくる気がしている。
 当館でも、単に展示を見ていただくだけでも楽しめるが、学芸員の解説を聞いていただくと、より一層理解と楽しさが深まることは間違いない。また、体験プログラム「ハンズオン」に参加して、古代の衣裳を着てもらえれば、より豊かなイメージがふくらむ。韓国人の若い女性には「きものを着てみよう」という体験コーナーが大人気だ。

 実は大阪歴史博物館でも、このところずっと海外からの来館者にどのように楽しんでいただくか、どうしたら来館いただけるかを考えている。
 地道な改善に取り組むことが最も近道だと思っているが、この面でも、多くの方々と「連携」して高め合っていく方法が有効と思える。忍者人気を創り出した三重県のホテルの方が“関係者が集まって飲んだのがよかった(笑)”と言っておられたが、違った分野の人たちが知恵を出し合って、結び付いていくことが妙手の発見につながりそうだ。


 
プロフィール

なにわ歴博

Author:なにわ歴博
大阪歴史博物館

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。